時間と習慣

「はじまりのタスク」を「100%できる小さなタスクにする」

ゴールデンウィーク半ば。すっかり昼夜逆転しました!

ども!
時間🕒と空間🏡の片付けのプロ
ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

やばいですねぇ。完全お休みモードに入ってる旦那の隣で、いつもの生活リズムをキープできません!😂
まぁ、そんなんができてたら、何の苦労もせずに会社にお勤めできてたでしょう。

今日から3日かけて、戻していきます。まずは布団に入る時刻を1時半までにしようと思います。はい。

では、こちらの続きです。

家事ルーティン化でいちばん大事な〇〇のタスク
続きです。 何を決める? 家事をルーティン化する時には、次の3つを決めます。 はじまりのタスク ...

はじまりのタスクとは

文字通り、一番はじめにやることです。

100%できる小さなタスクとは

いついかなる時でも100%できる、簡単すぎて失敗しようがないレベルのタスクのことです。

例えば、

  • 料理→キッチンに立つ
  • 掃除→リビングのヨギボーを上に上げる
  • 洗濯→洗濯カゴの中身を色別に分ける

料理だけ異様に簡単なタスクにしてます(笑)
これは掃除や洗濯と比べると、料理はその後にやることが複雑だからです。掃除と洗濯は、その後の流れが3パターンくらいしかありません。

でも料理って、数え切れないくらいのパターンがありますよね。

和食?洋食?中華?
ご飯?麺?パン?
全部1から作る?常備菜や出来合いのものある?

頭使うことが多すぎて、嫌だぁぁぁ💢ってなるので、「はじまりのタスク」に「100%できる小さなタスク」である「キッチンに立つ」を設定してます。

「100%できる小さなタスクにする」前は

行動の切り替えが苦手で、毎日の家事が嫌すぎて苦痛でした。

リビングのこたつにて。

そろそろ夕飯を作らないとやばいなぁ……(うだうだ)
今日は何を作ろうかなぁ(ぐずぐず)
豚肉残ってた気がするんだけど……うーん……(ぐるぐる)

なんかもう、夕飯作らないといけないの嫌だなぁ。
ドラえもんの道具に、ご飯でてくるのなかったっけ?(スマホで検索)(あ、あったあった『グルメテーブルかけ』か……)(そういや洋服でも道具あったよね)(どんなデザインの服でも一瞬で……あったあった『きせかえカメラ』か……)(え!?分子レベルで再構築!?すごいなぁ)

なし崩し的にネットサーフィンはじまる……

(玄関が開く音)

オオノ
ビクッ!

ヒィッ!!

オオノ夫
オオノ夫

ただいまー

オオノ
 

あ、お、おかえり!

すぐご飯作るね!

キッチンに移動。汚れた食器の山を発見。

(うわぁ……昼パスタ食べた後、片付けなかったんだ……最悪)

現実逃避的に冷蔵庫へ。開けて中身を見る。

(うわっ、なんだよ!カレーあったんじゃん!!)
(ご飯もあるじゃん!)
(あとはサラダつくればOKじゃない!えらいっ!)

っていうのが日常茶飯事だったんですよ。大体なんかしら食べるものが入ってるんだけど、ほとんどそれを忘れてる😓

それが「はじまりのタスク」を「キッチンに立つ」にしたら、何かあったかな?と早い段階で冷蔵庫チェックするように。

残り物や常備菜を見てから献立を考えるようになったことで、1から考えずに済むし、「あ、〇〇あったわ……献立考える時間いったいなんだったの……」というセルフちゃぶ台返しがなくなりました!

残り物や常備菜がなにもない時でも、放置している洗い物を洗いながら献立を考えるとか、次につながる行動をしやすくなりました。手を動かすと頭も働くのかな?
(洗い物しとけよ、というツッコミは売るほどありますのでノーセンキューです!)

小さなタスクの副産物

行動の切り替えが楽になっただけでも助かったわけですが、「行動する」こと自体もめちゃめちゃ楽になりました。

  1. やらない言い訳を探さなくなった
    →代わりに、今すぐできる小さなことを探すようになった
  2. 結果に執着しなくなった
    →代わりに、プロセスに注目するようになった
  3. 自分にやさしくできるようになった
    →理想を掲げる代わりに、現実を良くしていこう!という成長イメージを持てるようになった

特に1番の「今すぐできる小さなことを探す」ってのが、どんな時でも心をおだやかにしてくれます。

小さなタスクの欠点

欠乏感を埋めるためにがむしゃらに努力して努力して、獲得できたあああああ!!!!!みたいな、激しい感情の高ぶりは味わえません。

それから、

  1. 自己評価が高い
  2. 「~できて当たり前」が口癖
  3. 「〇〇できないなんて、生きる価値ない」という発想をする

3つ全部あてはまる人だと、「はじまりのタスク」を「100%できる小さなタスクにする」ことに嫌悪するかもしれません。

「こんなにも自分は無能なのか?いや、そうじゃないよね。いや、でも……」って、心がざわつきます。

オオノは、ざわつきました(自己評価が高すぎる人だったので💦)

小さなタスクを勧めている本

有名なのは

ですが、かなり読みづらいのでこちらをオススメします!

 

次回は「おわり!のタスク」について書きます。

では、また。

◆時間のオーガナイズ(時間の「見える化」、タスク管理、家事効率化)

このような方にオススメです。

  • 時間の見積もりができない
  • いつも時間に追われている
  • やるべきことを先延ばししてしまう
  • 好きなことをやる時間を増やしたい
  • 時間の使い方を変えたい
時間のオーガナイズって何するんですか?
ご質問をいただきましたので、お答えします! 時間のオーガナイズって何するんですか? ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました