「普通」を目指さない生き方

「普通でいいから」と注意され、「普通って何?💢」と聞き返す前半生だった。

「普通」とは何か。全然わからなかった。

自分なりに考えた結果、「その場の標準」が「普通」なのだと解釈した。
イレギュラーじゃないこと。異質じゃないこと。異端じゃないこと。
みんなと同じこと。

「普通」は場ごとに変わる。

一般社会という場なら、部屋を片付けるのは「普通」。
だって、部屋がきれいな方が気持ち良いから。

でも、「片付けない人たちが集まる場」での「普通」は変わる。
なんで片付けなくちゃいけないの?って疑問を抱いているのが「普通」になる。

一般社会なら「遅刻しない」のが「普通」だけど、ADHD脳の集まりなら「遅刻しない」のは「スゴイ!」に変わる。

「普通」を目指す生き方とは、属する場や立場を意識した生き方なのだ。

小さい頃から「普通」を教わる。

女の子なんだから、おとなしくしなさい。
男の子なんだから、泣くんじゃありません。

お姉ちゃんなんだから、我慢しなさい。
お兄ちゃんなんだから、しっかりしなさい。

子どもなんだから、大人に生意気なこと言うんじゃありません。

大人になっても「普通」を求められる。

大人なんだから、子供相手に張り合うんじゃないよ。
もういい年なんだから、落ち着きなさいよ。
働いてるの?

「普通」が相手だと安心なのだ。
「普通」は集団の中に紛れ込める。安全なのだ。

ずっと「普通」を目指していた。

でも、普通の人は努力せずに「普通」ができると知って、嫌になった。

「普通」じゃなくてもいいやと諦めた。

そうしたら、自分が持ってる「普通」に気付いた。

「普通」が絶対的なものじゃなくて、いる場所で変わることに気付いた。

 

数年前なら、「入浴がしんどい」なんて口が裂けても言えなかった。恥ずかしくて。

でも、今は平気で言う。

同じように「入浴がしんどい」と感じてる人たちがたくさんいることを知っている。その人達だけで集まったら「入浴がしんどい」のが「普通」になる。それがわかるから、平気で言える。

生まれから40年近く「普通」を目指す生き方をしていた。

「普通」を目指さなくなって、何を目指せばいいのかわからなくなった。

ずっと「普通」になりたかったから、「みんなと同じ」になりたかったから。

それがなくなって、どうしたらいいかわからなくなって、燃え尽き症候群のようになった。

なりたい自分が消えて、いまも創れていない。

ただ、どんな生き方をしようと、それが「普通」になる場が、世界のどこかに必ずあるという安心感だけはある。

「普通」かどうか、なんてどうでもいいのだ。
幸せかどうかの方が、よっぽど大事なのだ。

関わる人が「普通」だろうと、「普通」じゃなかろうとどうでもいいのだ。
関わる人が幸せかどうかの方が、大事なのだ。

タイトルとURLをコピーしました