「人と違うのが当たり前」の時代に必要なもの

過渡期なんだなぁ、と思う。

物質的豊かさを求めていた時代から精神的豊かさを求める時代に。

「みんな一緒に」から「ひとりひとりそれぞれに」

同じものを求めて切磋琢磨し合っていた時代から、別々のものを求めて紹介し合う時代に。

住んでいる地域や年齢でひとくくりにされて、その中でどうにかこうにかサバイバルしていく時代も終わって、好きなもの・求めるものが同じ者同士が集まって、外に向けてなんかしてる。

何してるのかわからないあたり、私は時代に乗れていないね(笑)

そもそも「人と違うのが当たり前」の時代に必要な【好きなもの・求めるもの】がわからなくなってしょっちゅう立ちすくむ。

「人に言われたことを上手にやる」を求められてたのに!
そこをがんばってきたのに!

もうそんな時代じゃなくなった。

なんでも選べるということは、なんでも決めるということ。

自分で考えて、自分で決めて、自分で動き出さなきゃ始まらない。

Photo by James Sutton on Unsplash

自分で考えて、自分で決めて、自分で動き出すと、冒険が始まって仲間が増える。RPGみたいね(笑)

先延ばしにしてる小さなこと1つやっつけると経験値が貯まる。
先延ばしにしてる大きなこと1つ退治するとスキルが上がる。
続けてるとレベルも上がって、ジョブチェンジもできる。
マップも広がる。

先延ばしにしてること、また先延ばすってことは最初の村から出ないってことだ。

やる意味なんかどうでもいい。さっさとやることに意味がある。

そう考えないと日々の繰り返しがしんどいことに気付いた。

ということで、ずっと気がかりだったブログの毎日更新を再開する。

よろぽく。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)