収納を考える

【集中力が上がる!】デスクの1等地を現在のモノだけにする

PCデスクまわりを片付けました。

ども!
時間🕒と空間🏡の片付けのプロ
ライフオーガナイザー®オオノです。

我が家の他の場所は、後片付けと掃除が楽な収納で片付けてます。汚部屋脱出が2010年。11年経っても不便さや不満を一切感じません。キープしているという意識すら感じずにキープできています。

ところがPCデスクまわりは自分の感覚を優先してしまったせいか、ずっと「いまいち……」な状態でした。研究に没頭する学者さんの机まわりが書類や本の山だったり、天才の部屋がカオスなのに憧れがあります。夢中になっていると部屋は散らかるもの。

だから、PCデスクまわりが散らかっているのは夢中になっている証拠。他の場所とは違う。PCデスクまわりは私だけのパーソナルな場所。機能性にポイント全振りする必要はない。

もっと自由に!好きなように!探求せよ!創造性を発揮せよ!

そうこうしてるうちに11年が経ってしまいました。

没頭している間のデスクは散らかります。料理中のキッチンが散らかるのと同じです。では、食事が終わった後のキッチンはどんな状態でしょうか?

片付けて元通りの状態にリセットします。

デスクも、抱えているプロジェクトが終了したらリセットすべきなのです。
そうしないと、散らかった状態からのスタートとなり作業がしづらくなります。

余計なゴミが思考の整理を邪魔します。
とっ散らかった頭では、視野を広くすることも将来のビジョンを思い描くこともできません。目の前の雑事を追いかけてばかりになるのです。

いきあたりばったりループから抜け出したい!!

PCデスクまわりを特別扱いするのをやめよう。

ようやく決心がつきました。PCデスクまわりも他の場所と同じルールで片付けたのです。

1等地から片付ける

○等地を決める

後片付けと掃除が楽な収納の基本ルールは「使う場所=しまう場所」。
これはPCデスクまわりでも採用し、今までもやっていました。
やっていなかったのは、収納の1等地・2等地・3等地をキッチリ決めること。

今まではなんとなくでしか分けていませんでした。
今回はじめて、PCデスクまわりの1等地・2等地・3等地を正式決定しました。

PCデスクと周辺
  • 1等地:机の上、サイドキャビネットの上(見える場所)
  • 2等地:サイドキャビネットの引き出しの中、ボックスの中(見えない場所)
  • 3等地:リビングの収納(別の場所)

まずは1等地から「現在のモノ」以外を取り除きます。

PCデスク上は1等地

PCデスクの右側

PCデスク右側、利き手である右手がすぐ届く1等地の中の1等地=1等地から始めます
ここにはペン立てを置いています。ペンは1日に何度も何度も使う:使用頻度が高いモノだからです。

ペン立ての中身を「えいやっ」と全部出しました。
ヒトは現状維持を望む生き物。本能に逆らう最初の一手は、特に気合いが必要です。

全部出したら、最近使ったモノから戻していきます。

今朝使ったばかりのほぼ日手帳用のペン、万年筆、色鉛筆・CITTA手帳用のペン・定規・0.3mmのシャーペンをペン立てに戻します。次に最近始めた「好きな本を写して文章力アップ」用のペンを。マスキングテープ用の油性ペンは、毎日使うわけではないので少し悩んだけれど「すぐに使いたい」ペンなので戻し。最後に、耳かき・爪切りを。(こちらも悩んだけれど、やはり「すぐに使いたい」モノなのでペン立てに)

1等地から落選したペンたちは2等地にぐちゃっと放り込みました(笑)いいのです。戦略的後回しです。まずは1等地を仕上げることだけやればいいのです。

PCデスクの左側

PCデスク左側も1等地です。
ここには手帳やノートの置き場として使っていましたが、ノートはすべてサイドキャビネットの上に移動しました。また手帳もログ用のほぼ日手帳だけを残し、未来計画用のCITTA手帳はサイドキャビネットに。

左後ろにあるサイドキャビネット上は、PCにむかって作業していると視界に入りません。
体を左にひねって顔を向けると、置いてあるモノが目に入ります。すぐ目に入る場所は1等地
ですが、ワンアクション必要となるので1.5等地といったところでしょうか。

ここには1日に何度も使うCITTA手帳を置くことにしました。

CITTA手帳=未来へ備えるためのモノ

そこでCITTA手帳と同じように「未来へ備えるためのモノは?」と見回したところ勉強用の本がhitしました!試しに並べてみたところテンション爆上がり⤴⤴⤴

急に頭の中がスッキリし始めました。

片付けの効果

場所とモノを関連付けた瞬間から、場が意味を持ち始めたのです。

自分が座っている椅子を中心に、左側がこれからの未来のモノ。正面が現在のモノ。とくれば右側は今までの過去のモノ。

左から右へと流れができました。

右斜め正面にはドアがあります。
サイドキャビネットに置く→デスクで処理する→ドアを通して部屋の外に出す。ぐるっとまわるなめらかな循環のラインが出来上がりました。

今わたしの目の前には余計なモノがありません。本当に今使うモノしかありません。
そのあまりの少なさと、別の場所へ移動することになった過去のモノの多さに驚くばかりです。

過去に区切りをつけてこなかったせいで現在が混乱していたのですね。
片付けのプロ失格だと反省しきり😭

今、こうしてブログを書いていても頭がスッキリしています。

いつもは書きたいことがなかなかまとまりません。あれもこれもと付け加えたくなってしまって困るのです。そこで、構成や目次をノートに下書きしてからPCに向かっていました。

それが下書きなしでスラスラ書けます!!

モノの配置を変える。ただそれだけで集中力がアップしたのです。

収納の1等地を現在のモノだけにすると、使いやすさはもちろん集中力もアップする!

勉強になりました。正直、ここまで影響を受けているとは思っていなかったのです。
ガラクタノイズ恐るべし!!

収納の1等地、特に超1等地に置くモノからは影響を受けるので注意が必要ですね。
他の場所も改めて見直したくなってきました。

一歩も動かず(体をひねることすらなく)アクセスできる収納の超1等地。
何が置いてありますか?

最後までお読みくださりありがとうございました!
それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました