「後でやろう」がなくなるゼロ距離収納

今年の夏はとうもろこしをたくさん食べています。

皮を1~2枚残して、そのままレンチン。(500wで6分)
根元を切り落とし、ひげを持ってふるとキレイに皮がむけます。

このやり方がお手軽なもんで、安売りになってたら即買い。帰宅後チンしてラップして、夕飯後のおやつに。

少ない手間で大きな見返りがあると、続いちゃうんですよね。

オオノが中国ドラマにハマっているのも、だらーんと寝転びながらドキドキできるから💦

片付く仕組みづくりも、少ない手間で大きな見返りを得るための準備といえます。

「使う場所=しまう場所」にして移動距離をゼロにする収納は、その楽さを知るとやめられなくなります。

「使う場所=しまう場所」ゼロ距離収納のつくりかた
片付けたいのに、どうすればいいかわからなくて、途方に暮れていませんか? なかなか捨てられず、捨てなくちゃ!の呪縛に...

ハッと思いついた時にその場にあると、「後でやろう」がなくなります。

  • ゴミ箱にストックのゴミ袋
  • クローゼットに糸切りバサミ
  • 玄関にハンカチ・ポケットティッシュ・マスク

忘れる間もなくその場で完了させられます。

覚えておくという手間をかけない。

めんどくさがりで動きたくないオオノが「使う場所=しまう場所」にハマるわけです。

タイトルとURLをコピーしました