小山薫堂に学ぶ、捨てないで片付ける方法とは?

ずいぶん前に放送されたEテレのSWITCHインタビュー 達人達。
小山薫堂と佐藤可士和の回を最近やっと見ました。

小山薫堂は、料理の鉄人・おくりびと・くまモンの人。
佐藤可士和は、ユニクロや楽天などのロゴデザイン、セブン&アイのブランディングの人。

次々にヒットを飛ばす2人。
真逆だったのは、モノの持ち方・選び方。

不要なモノを排除し、とことんまでシンプルを追求する佐藤可士和。

片付け業界の主流そのものの考え方です。

「捨てよう」
「減らそう」
「厳選しよう」
「もっとシンプルに」

片付けをお仕事にしていると、こういうスローガンを見聞きする機会が多くなります。

正直、ストレスです。

捨てる痛みが成長させてくれる?

痛いんじゃないんだよ。激痛なんだよ。最初から痛いってわかってるならやらないよ。

目指すゴールは同じだけど、そこに至るまでのルートが違う。

ゆっくりとなだらか、カーブのゆるい長いルートを行きたいんだ。
時に立ち止まり、景色を眺め、ゆっくりとゆっくりと。

Medium_375086583
photo credit: smcgee via photopin cc

でも。

――捨てないでどうやって片付けるの?

この疑問に私はずっと答えられなかった。

汚部屋脱出時、捨てたくないモノは決して捨てなかったけれど、じゃあ1つも捨てなかったかというと捨てていった。
むしろ、今までしがみついていたモノへの未練を断ち切って、捨てていた。
捨てる痛みがあったから、モノを選ぶってことを覚えた。

やっぱり捨てなきゃ片付かないじゃない。

・・・・・・違うんだよな。

ずっとずっと答えられなかった。

答えを教えてくれたのは小山薫堂だった。

小山薫堂はモノに感情移入し、モノにストーリーを見るタイプ。

1年に一度しか使わないような、いや、もう二度と行かないかもしれないようなお店のポイントカードを持ち歩く。
同行する人が聞きたがるかもしれない、とイヤホンを2セット持ち歩く。

私、ここまでひどくない!と思えるような話ばかり。

なのになぜ、小山薫堂は「捨てられない」ことで悩んでいないのか。

人に使命があるように、モノにも使命がある。
有効活用しないのはもったいない。

すべてのモノが出番待ちなのだろう。

「捨てられない」と悩む人のモノは死んでいる。
ただただ溜め込まれ、積み重ねられ、奥へ奥へと押しやられている。

「活用しよう」
「使おう」
「あれとあれを組み合わせよう」

そうそう。

汚部屋脱出時、私もこれをやった。

「いつか使おう」ととっておいたノートをすぐに使った。
「ここぞという時に」ととっておいた綺麗な紙袋も使った。

「気に入った写真やページだけ切り抜きたい」そう思ってとっておいた雑誌やパンフレット。
すぐに切り抜いた。
切り抜いた写真はすぐに壁に貼った。

考えに考え抜いて未練を断ち切り、捨てたわけじゃない。
死蔵していたモノたちを、使っていったんだ。

捨てないで片付けるには、

「活かそう」

「使おう」

有効活用しないのはもったいない。

モノも、あなたの時間も才能も、活かさないのはもったいない。

SWITCHインタビュー 達人達(たち) – NHK

 

 

佐藤可士和的シンプル空間に憧れつつ(笑)、
活かしていきましょー!

 

*旧ブログで公開した記事を再掲しました。

タイトルとURLをコピーしました