時間と習慣

家事ルーティン化でいちばん大事な〇〇のタスク

毎日のイライラが減る!家事ルーティン化のすすめ
家事のルーティンって決めてますか?家事のルーティンとはルーティンとは「決まった手順」という意味です。なので、家事のルーティンを決めるとは、家事を決まった手順で行うということです。家事のルーティンをつくるとどうなる?ルーティン化すると半自動的

続きです。

何を決める?

家事をルーティン化する時には、次の3つを決めます。

  1. はじまりのタスク
  2. 処理する順番
  3. おしまい♪のタスク

3つの中で、いちばん大事なのが

  1. はじまりのタスク

です。

どれだけ大事かというと……

 

 

 

  1. はじまりのタスク(重要度:高)
  2. 処理する順番(重要度:低)
  3. おわり!のタスク(重要度:中)

こんぐらい(笑)

はじまりのタスクを重視する理由

発達障害の特性に「行動の切り替えが苦手」というのがあります。

テレビを見ていたらずっと見てる。SNSを見ていたらずっと見てる。
極端なことをいうと、寝てたらずっと寝てるし、起きたらずっと起きてる。

今やってることをやめて、次の行動に移れない。

夕飯を食べた後にテレビ視聴をやめて、立ち上がって、洗い物をするというのがホントしんどかったです。

絵にするとこんな感じ↓

過去形で書いてるのは、行動の切り替えがずいぶん楽にできるようになったからです。

自分で設定したアラーム最近やっと無視しなくなりました!😂

切り替えできないと……

行動を切り替えられないと、「やらなくて済む方法」を考え始めてしまいます。

生活習慣の先延ばしです。

時間術やライフハック本に「歯磨きレベルで習慣化しましょう」とか書いてあるとモヤモヤします。
こちとら、歯磨きや風呂の先延ばしは日常でしたから……。

「さっさとやっちゃえばいいのに……」「でも、めんどくさい……」「どうしよう……」という葛藤状態を、日常的に繰り返すのがいいわけありません。

404 NOT FOUND | かたづけーる.com

行動の切り替えをスムーズにするには?

「行動の切り替えが苦手」という特性をカバーしてくれたのが、家事ルーティン化でした。

特に、「はじまりのタスク」を「100%できる小さなタスクにする」こと!

今はこんな感じ↓

「はじまりのタスク」を「100%できる小さなタスクにする」ことについての詳細は、次回!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました