日本人の同調 ”能力” ってすごいな~と思い始めた

結婚し、家に引きこもり、集団生活をしなくなって今年で12年。
世間とか社会とかの、端の端のほうで生きている。

同居家族は夫のみ。
お客様とも1対1のコミュニケーションが基本。

1対多の状況がほとんどない生活をしている。

そうすると不思議なもので、以前は「同調 ”圧力”」として忌み嫌っていたものが、自然災害の多い日本で助け合い共に生き残るために必要不可欠な「同調 ”能力”」に見えてきたのだ。

2020年頭のコロナウイルス関連の出来事でいうと、政治のトップが言っただけで、バーッと世間が同じ動きをし始めた。

マスク、手洗い・うがい、テレワーク、時差通勤、休校、イベント中止……。

良い・悪いは置いといて、この動き方はスゴイな。と。

みんなでやろうとする、この「同調 ”能力”」はスゴイぞ、と。

弱っている人は要求を言えない

発言の意図や背景を想像し察することが苦手で、(言わなくても察して!)という察してちゃん・察して君が大嫌いだった。

してほしいことがあったら、言葉で言え。伝える努力をしろ。

そう思っていたのだけれど。

弱っている人は要求を言えない。

心身ともに弱った時は、言えないし、動けない。

お節介な人たちがいなければ、死んでしまう。

言える人ばかりじゃない

伝える力が未熟な人たちもいる。

赤ん坊や子供はもちろん、大人にもいる。

察することができない人がいるように、自分の考えや思いを伝えることができない人がいる。

自分の考えや思いを伝えなくても、問題なく生活できてきた人ほど、物言わぬ人になる。

物言わぬ人たちと触れ合う度に、世の中に適応できてるからといって、満足しているかというと違うんだな、と思うようになった。

できることの裏にはできないことが隠れている。

解釈が変わると世界が変わる

忌み嫌っていた「同調 ”圧力”」が「同調 ”能力”」に解釈が変わったら、ひとりひとりが違うことと、みんな一緒に動くことは簡単に両立するって、思うようになった。

我ながら極端だ。

なんか今日は、とりとめのない日記になってしまったけれど。

今日くらいはいいだろう。

 

最後まで読んでくれてありがとう。

生きててくれて、ありがとう。

タイトルとURLをコピーしました