思考を整理する

あなたはどのタイプ?――やっているのに片付かない、勢いはあるが続かない、そもそも興味がない

ども!
時間🕒と空間🏡の片付けのプロ
ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

今日は、以前アメブロで投稿したものをリライトしてお届けします。

わたしが片付けのプロになって驚いたことは、

  • 捨てている
  • 片付けている
  • 片付け本も何冊も読み、片付けの講座にも出た
  • 資格を持っている

なのに、スッキリと片付けきれない。リバウンドしてしまう。

そんな、やっているのに片付かない人たちが多かったことです。

また別のタイプの人たちにも驚かされました。

  • 片付ける気持ちはある
  • 片付け本も何冊か読んだ
  • 片付けて叶えたい現実的な目標もある
  • なのに、片付けを続けることができない
  • 少しやってはすぐやめてしまう

そんな、勢いはあるが片付けが続かない人たちもいました。

汚部屋住人だった頃のわたしのように、そもそも片付けに興味がない人たちも少数ながらいます。
状況が悪化し、1人では手に負えず、どうしようもなくなってからのご依頼がほとんど。

便宜上

🌏やっているのに片付かない人たちをAタイプ
🌄勢いはあるが片付けが続かない人たちをBタイプ
🌕そもそも片付けに興味がない人たちをCタイプ

と分けます。

そもそも片付けに興味がないCタイプ

通常のご依頼ですと、一番スムーズに片付けが進むのはCタイプです。そもそも片付けに興味がないCタイプの方が、依頼してくるのは必要に迫られてのことです。

お客様本人が「先生、助けてください!!」「なんでもやります(T_T)」と腹をくくられており、覚悟も決まっています。

片付け本を読んだことがない方も多く、「そうすればいいのね!」と素直に実践してくださいます。

他タイプと比較するとお部屋の状況はひどいです。
でもこれは、ただひたすら手を動かしさえすればいいだけ。
プロからすると楽ですし、どんどん部屋が片付いていくので楽しくもあります。

Cタイプの方は当サイトを読んでない。もしくは、読み始めたあたりだと思います。

ご自分で手に負えなくなる前に、プロを頼っていただきたいのです。

体の病気と同じです。痛みを感じ始めたらすぐ病院に行く。早ければ早いほどすぐ終わります。
痛みを我慢できなくなってからでは時間も手間もかかります。そんじょそこらのプロでは無理です!助けられません!!という事態になってしまうこともあるのです。

とはいえ。

病院でさえ行かない人がいるのだから、片付けをプロに頼む、しかも家に来てもらうというハードルはめちゃめちゃ高いでしょう。

でも、善は急げです。
一度「片付け+○○(お住いの地域)」で検索してみてはいかがでしょうか?

当サイトでは片付けについてのお悩みに無料でお答えしています。匿名OK。その他の条件についてはこちらをご覧ください。

片付けのお悩みを聞かせてください。
【無料片付け相談】では、片付けについてのお悩みにお答えしています。
*個人が特定されない範囲で、直接またはブログやLINE公式アカウントにて回答いたします。
小さなことでもお気軽にどうぞ♪

【無料片付け相談】フォーム
片付けに関するご質問・お悩みに無料でお答えします。 *回答は個人が特定されない範囲で、シェアさせていただきます。 ...

勢いはあるが片付けが続かないBタイプ

誤解を恐れずに言うと、オオノにとってBタイプの人たちは謎だらけで理解不能な人たちでした。

片付けたいです!と言う。だけど、行動を変えない。
片付けたいです!と申し込んできた。なのに、アドバイスも提案も無視する。
「自分のやり方にこだわるなら、わたしには無理だから。他のプロのところに行ってください」と言うと「オオノさんがいいんです!!!」と言う。1人や2人じゃありませんよ。

アドバイスを聞かない。拒否る。気分で動く。すぐに投げ出す。

「コツコツ無理な人なんで」
「その気になりさえしたら、すぐ片付くと思ってるんです」

この繰り返し。

ずーっとループ、ループ、ルーーーーープーーーーー!!!!

アドバイスや提案を出せば出すほど、盛り下がるBタイプ……。
どうサポートすればいいのかわからなくて困惑しましたし、イライラもしました。
ずっとBタイプの人たちが求めているものがなんなのか、わからなかったんです……。

それが、2020年になって急にわかりました。

Bタイプの人たちが求めてるのは、

ゴルフのプロキャディのようなサポート。

必要なのは、彼女がやりたいことをやるためのサポート。

無駄であろうと、非効率であろうと、失敗したとしても、関係ない。
一番大事なのは、自分がやりたいことをやれているかどうか。

Bタイプの人たちは我が道を行く天才肌。

自分を曲げてまで行った事が失敗するのは大きな傷となりますが、自分がやりたいことでの失敗は気にしません。

一般的な失敗は失敗としてカウントされない。
これはサポートする側が見落としがちな、盲点だと思います。

しかし、天才肌のBタイプの方々に忘れないでほしいのは、自己流にこだわるならすべてを自分でやる姿勢が必要だよということです。自分で考え、自分で行動し、自分で俯瞰し、また自分で考え……の繰り返しです。

受け身になったら終わりです。
自分から動く。失敗も成功もすべて自分のものという姿勢が必要です。
「自分のやり方で結果が出ないのはおかしい!」という考えで突き進んでください。

考えるのがめんどくさくて他人を頼るなら、「自分のやり方で結果が出ないのはおかしい!」という考えを捨てましょう。

うまくいっている人の言うとおりにまずはやってみるんです。

この時、誰かひとりを盲信するようなことをしてはいけません。それは単なる思考停止です。

Bタイプの方は新しいオリジナルの方法をつくるか、うまくいっている人全員が言っている方法を実践しましょう。

やっているのに片付かないAタイプ

普段ご依頼いただく方はほとんどの方がAタイプです。行動されているのに、なかなか思うような成果に結びついていません。

真面目で素直、すぐ行動!Aタイプの方が片付けられないのは、

  • 前提(「べき・ねば」)が間違っている
  • 効率重視しすぎ
  • 休まない・遊ばない・楽しまない

です。

○○すべきなのに、できない……。の○○が非常に難しいレベルの内容だったりします。

例えば、1日24時間あるんだから、12時間は勉強したい。なのに、できない……。
例えば、下着は穴が開くまで捨ててはいけない。
例えば、ToDoリストに書いた「やる事」を全部やり終えなければ。

などなど。

無自覚な完璧主義者。セルフブラック企業な人たちです。

お昼ごはんは残り物。食べない日もあり。
なにかにチャレンジする時は、睡眠時間を削る。

「ご飯食べて!」「栄養とって」「休んで!」「遊んで!」とお願いすることが多いです。

また、彼女たちはそもそもの前提部分でつまづいているという共通点があることに気付きました。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました