正解探しをやめて、何を探すか

ども!
思考・時間・空間を片付ける
ライフオーガナイザー®
オオノミエコです。

汚部屋脱出応援サイトをやっておりますが、お客様の3分の2は汚部屋ではありません。

元・汚部屋住人からすると、わりかし片付いてるお部屋ばかり。

なのにどうしてそこまで自分に厳しいの?なんで思いつめちゃうの?と最初のうちは不思議でした。

ですが、よくよくお話をお聞きすると、世の中の「正解」を目指してらっしゃるんですね。

他人に難癖つけられないように、できないことをなくそうとしている。完璧主義。

それのどこが悪いんだ?向上心があっていいじゃないか!と言う方もいるでしょう。

でもね、良くないですよ。もう、全然良くない!

他人に難癖つけられないように。
できないことをなくしていく。
完璧を目指す。

これの行き着く先は、「正解」じゃないから「失格」であるという意識。
「みんなと同じ」ができないから「欠陥品」であるという意識ですからね。

ほんと良くない。

日本の教育の呪いだよ。うんざりだよ。

無意識下で縛られちゃってるんですよ。

ちゃんとするの気持ちいい!!寝ぼけててもちゃんとしちゃうのー!!ってくらい「ちゃんとしちゃうのが好き😍」っていうマニア以外、ちゃんとしなくていいんですよ?

片付けというとちゃんとするイメージありますし、他の片付けのプロの方はちゃんと片付けられるようにと導くのかもしれませんけど。

オオノが片付けで目指してほしいな~と思っているのは、他人にとやかく言われようと「私はこれがいいんです。それが何か?」という「開き直りの気持ちよさ」です。

部屋の片付けに「正解」なんてものはなくて、ぜーんぶ「好み」ですよ。

他人の好みにとやかく言う方がおかしいし失礼でしょ。

あなたは目玉焼きに何かけて食べますか?

6割の人が「醤油」だそうです。
では、「醤油」が正解ですか?
「塩コショウ」や「ソース」をかけてる人は間違いですか?
「醤油」じゃないなんておかしい。って多数派の意見を他人に押し付ける人と一緒にいたいですか?

ってなレベルの話なんですよ、お片付けって。

正解探しをやめて、自分の好みを探しましょう。

片付ける・片付けないで家族と揉めるってありますけど、あれも好みの違いですよ。

オオノはおでんの玉子にマヨネーズかけて食べるのが好きなんですけど、旦那に嫌な顔されますもん。
おでん作ってるの私なのに!!

あんまりにも嫌な顔するから、おでんの出汁に黄身をといて食べてみたら美味しかったよ!

と、まぁ、自分の好みを自覚したり、他の選択肢もあるんだって気付くのは、他人にとやかく言われる時だったりするのよね(笑)

神様って、いけずだわ。

タイトルとURLをコピーしました