Organizing-Service

オオノミエコ プロフィール

ご挨拶

はじめまして。
オオノミエコと申します。

元・片付けられない女、汚部屋女子。
現在は、片付けのプロ・ライフオーガナイザー®として活動しています。

片付けとは捨てること。そう思い込んでいた私は36歳まで汚部屋女子でした。

自分の汚部屋画像いち

↑実家時代の汚部屋
(床は服まみれ。当時、下着を30セット所有。ドアからベッドまで獣道ができてました)

過干渉な母親と無関心な父親の元で育ち、愛されたくてがんばっていました。

自分に自信がなく

いつも何かに追われ、
いつも焦ってイライラし、
「死にたい」と「死ねばいいのに」を交互にくりかえし、

「どうすればいいんだろう」ばかりを気にして、自分が「どうしたいか」なんて考えたこともありませんでした。

片付けられない女

ずっと親や先生、まわりの人たちが正しくて、自分が間違ってる、私は欠陥品なんだと思っていました。

だから、おとなしく言うことを聞いて、本当はやりたくないことでも、努力してればいつか報われるんだと信じて、がんばっていました。

片付けなさい、捨てなさいって言われても、全然できませんでした。

片付けられなくて、捨てられなくて、一瞬片付いたとしてもすぐにリバウンドしていました。

だんだん「できるわけない」って思うようになりました。

「私には無理」「やっても無駄」「できない」

行動しても無駄だとあきらめるようになりました。

片付けられない。締め切り守れない。忘れ物する。遅刻する。朝起きれない。

日常の小さな事ができない。役立たずでごめんなさい。迷惑ばかりでごめんなさい。申し訳ない。私なんて生きてる意味ないんじゃないか。自分を責めていました。

そんな私でしたが結婚。

同時期に派遣の契約が切れ、失業保険が出るうちは働きたくないな~と専業主婦になりました。

家事が大嫌いな専業主婦

やってもやっても終わらない。
終わったと思ったそばからまた次が始まる。

家事が大嫌いでした。

なかでも片付けと掃除は「やらなくても死なない」から、やる意味がわかりませんでした。

洗濯と料理はやらないと困るので、しぶしぶながらやっていましたが、毎日献立を考えるのが憂鬱で、かといってお惣菜で済ますのも罪悪感があり、夕方が近付くといつもイライラしてました。

転機

失業保険が切れた後も働きたくなくて、毎日オンラインゲームに明け暮れてました。

この時、働かない言い訳としていたのが「結婚式を挙げてないから」でした。

遊んで暮らしたい。

という欲望に従っていましたが、毎日やるべきことをやっていない後ろめたさがつきまとい、思ったほど楽しくはありませんでした。

そんなダラダラとした生活を続けて約2年。

先延ばししまくっていた私たち夫婦に、我慢できなくなった周囲の猛烈な煽りもあり、ようやく結婚式を挙げます。

働かない言い訳がなくなってしまいました……。

そこで次に言い訳として選んだのが、「式の準備で荒れ果てた家を片付けなくっちゃ。共働きになったら家事は分担するから、旦那もできるようにあらかじめちゃんと片付けなくっちゃ」でした。

私は片付けられない女。片付けられるわけがない=いつまでも働かなくていい!

そんな理由から片付けを始めたんです。

ところが。

汚部屋脱出

片付け方を変えたらあっという間に片付いたんです!

他人の言うとおりにするのをやめました。
ネットで片付け方を調べて、参考にはしたけれど、最終的に何をするかは自分で決めました。

本当はやりたくないことまでやらないようにしました。
やりたくないことは後回しでいいやって開き直りました。

できないこと、難しいことに挑戦するのもやめました。
できること、簡単なことだけやりました。

あっという間に片付きました!

そうしたら、あんなに苦しくて辛くて報われなかった片付けが、ガラリと変わったんです。
楽しくて楽しくて、やればやるほど片付けた効果が実感できるようになったんです。

大嫌いでやりたくなかった家事も、片付けることで格段に楽になりました。

片付けって私を楽にしてくれるんだ!
今日の私が、未来の私のためにやるもんなんだ!

どんどん、片付けにハマっていきました。

20数年片付けられなかったのに、たった3ヶ月で汚部屋脱出!リバウンドもなし。

あんまりにも楽しかったから、もっと片付けたい!もっともっと片付けたい!とプロになりました。

ライフオーガナイザー®として

プロになって、驚きました。

昔の私と同じように「おとなしく言うことを聞いて、本当はやりたくないことでも、努力してればいつか報われるんだと信じてがんばってる」人たちがたくさんいたんです。

そうじゃないのに!!!
誰よりも何よりも、もちろん私よりも、あなたはあなたを優先しなきゃダメなのに!

本当はやりたくないことも、「みんなそう言うから」「みんなもやってるから」という理由でやろうとする人たちが、たくさんいました。

やめてやめて!
親やまわりのみんなはどうでもいい。
無理やりがんばろうとしなくていい。

等身大でいい。
背伸びしなくていい。

片付けは「本当はどうしたいのか」「本当はやりたくないことは何か」で、”正解”が変わります。

親やまわりのみんなはどうでもいいんです。

あなたがどうしたいか。これが大事なんです。
あなたが本当はやりたくないことは何か。これはもっと大事なんです。

「私なんて……」と自分を卑下する毎日を終わりにしましょう。
自分の可能性に蓋をするような生き方もやめましょう。

辛くて苦しくて報われない片付けをやめましょう。

「片付けてよかった!誰よりも何よりも、自分のために、片付けてよかった!」

報われる片付けをしましょう。

サポートいたします。

サービスメニュー
お片付けで人生変わる? ――はい、変わります。人生変えるお片付け。始めませんか?

略歴

ライフオーガナイザー®1級
サーティファイドライフオーガナイザー(CLO)レベル1修了
秘書技能検定2級

埼玉県さいたま市在住
夫と二人、賃貸マンション暮らし
利き脳:右左タイプ、ADHDタイプ(未診断)

オオノミエコは、一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会の正会員です。

タイトルとURLをコピーしました