■お申し込みはここをクリック!■

オオノミエコ プロフィール

ご挨拶

はじめまして。
オオノミエコと申します。

元・片付けられない女、汚部屋女子。
現在は、片付けのプロ・ライフオーガナイザー®として崩れない収納づくりのお手伝いをしています。

片付けとは捨てること。そう思い込んでいた私は36歳まで汚部屋女子でした。

自分の汚部屋画像いち

↑実家時代の汚部屋
(床は服まみれ。当時、下着を30セット所有。ドアからベッドまで獣道ができてました)

過干渉な母親と無関心な父親の元で育ち、愛されたくてがんばっていました。

自分に自信がなく

いつも何かに追われ、
いつも焦ってイライラし、
「死にたい」と「死ねばいいのに」を交互にくりかえし、

「どうすればいいんだろう」ばかりを気にして、自分が「どうしたいか」なんて考えたこともありませんでした。

片付けられない女

私は片付けられないダメな女。女失格。人間失格。自分大嫌い。

セルフイメージは最悪でした。

「普通」や「当たり前」がわからない。興味が持てない。
コミュニケーションも下手くそで、学生時代からの友人はごくわずか。
本が親友でした。

20代前半で、生活にパソコンとインターネットが到来。

ネットを通じて同じ趣味を持つ人たちと知り合い、遊ぶようになりました。

家や学校という狭い社会でずっと否定されてきた。
そんな窮屈さから解き放たれて、自分を出せる!
そのまんまでいても攻撃されない、矯正されない、仲間はずれにならない。
気楽さを知りました。

そこで知り合った彼と結婚。

同時期に派遣の契約が切れ、失業保険が出るうちは働きたくないな~と専業主婦になりました。

家事が大嫌いな専業主婦

やってもやっても終わらない。
終わったと思ったそばからまた次が始まる。

家事が大嫌いでした。

なかでも片付けと掃除は「やらなくても死なない」から、やる意味がわかりませんでした。
洗濯と料理はやらないと困るので、しぶしぶながらやっていましたが、毎日献立を考えるのが憂鬱で、かといってお惣菜ですますお金もなく、夕方が近付くといつもイライラしてました。

転機

失業保険が切れた後も働きたくなくて、毎日オンラインゲームに明け暮れてました。
この時、働かない言い訳としていたのが「結婚式を挙げてないから」でした。

遊んで暮らしたい。

という欲望に従っていましたが、毎日やるべきことをやっていないという後ろめたさがつきまとい、思ったほど楽しくはありませんでした。

そんなダラダラとした生活を続けて約2年。

先延ばししまくっていた私たち夫婦に、我慢できなくなった周囲の煽りもありようやく結婚式を挙げます。

働かない言い訳がなくなってしまいました……。

そこで次に言い訳として選んだのが、「式の準備で荒れ果てた家を片付けなくっちゃ。共働きになったら家事は分担するから、旦那もできるようにあらかじめちゃんと片付けなくっちゃ」でした。

私は片付けられない女。片付けられるわけがない=いつまでも働かなくていい!

そんな理由から始めた片付け。

まずインターネットで片付けについて調べ始めました。

調べている間は、片付けなくていい気がしていたからです。

ところがカレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)」を読み、ガラクタを溜め込むことの悪影響を知り、片付け熱に火がつきます。

片付けは部屋をキレイに見せるためにやるもの。
だから、キレイな部屋に興味がない私にはやる意味がない。

そう思っていたのですが、カレン本によるとガラクタと私自身はエネルギー的に結びついている。
好きでないモノ・使ってないモノといったガラクタが家の中にあると、イライラしたり同じことをぐるぐると思い悩んだり、自分を責めたり他人ともめたりといった悪影響があるのだというのです。

ガラクタを捨てると、部屋がキレイになるだけなくて、エネルギーの流れが良くなり人生が好転する。

風水やスピリチュアルの観点から書かれたこの本のおかげで、生まれてはじめて「片付けたい!」という気持ちが芽生えました。

片付けると運が良くなる!!

片付け熱に火がついたのです。
ですが、私は片付けられない女だけでなく捨てられない女でもありました。

いくらガラクタを捨てると運が良くなるよといわれても、信じきれなかったのです。

 

そんな時「捨てたくないなら捨てなくていい」「行動心理に合わせた片付けやすい仕組みを作りましょう」というADHD女性向けの掃除しやすく片付けやすい収納づくりメソッドを実践しているサイトに出合いました。

「捨てられない」

――無理やり捨てる必要はないんですよ。

「捨てたくない」

――いいんです、いいんです。ただ分類だけはしましょうね。

正しいやり方、みんなと同じように、普通は、を強制されないお片付け。

――捨てなくてもいい、無理しなくていいんですよ。ただし、

使うモノは使うところに
癒しのモノは見えるところに
あれば安心のモノは箱詰めして奥に

こんな片付け方があるのかと、感動しました。

納得できる上にシンプルでわかりやすい収納の作り方。

気に入らない部分は自分でアレンジができる自由さもありました。

そんな崩れない収納の作り方を知り、正しいやり方をこなそうと苦しむ事の馬鹿らしさを痛感しました。

今まではただただ「いい子」をやっていた。
他人の言いなりで生きていたから、自信が持てず自分を好きなれなかったんだ。

自分の頭で考えて、自分で決めて行動しない限り、うまくいったら他人のおかげ、失敗したら自分のせいなのですから……。

私は36歳でやっと、今の自分でできることをやればいいんだと思えるようになりました。

*私の人生を救ってくれたそのサイトは、残念ながら数年前に閉鎖されました(T_T)

汚部屋脱出

片付ければ片付けるほど頭がスッキリし、心が軽くなりました。

汚部屋時代は嫌なことはひたすら耐えていました。

「みんな我慢してるんだから」

親や教師に何度も叱られていたから「みんなと同じようにしなくちゃいけない」と思いこんでました。

でも私は「すぐに・変えられる・自分でできる」ことが大好きなのです。

我慢は大嫌い。納得できないことはしたくない。

片付けも同じでした。

「捨てたくないなら捨てない」「使う場所がしまう場所」など。

納得できる上に掃除しやすく片付けやすい崩れない収納の作り方に出合ったことで、やっと意味もわからない謎のルールに従って捨てるなんて嫌!だったんだと気付きました。

どうなるかわからない未来のために我慢したり、納得できないこうあるべき・こうすべきという一般常識が、窮屈で苦しくて縛られているように感じているんだとわかりました。

「みんなと同じように」を自分に強いることをやめたら、イライラが激減。
できない自分やがんばりたくない自分を許せるようになり、家事も楽に。

どんどん自分が好きになっていきました。

汚部屋でした。働きたくありません。
こんな恥ずかしいことを堂々と言えるようになったのも最近のことです。

そして。

家中のモノや場所のほとんどを、片付けられるようになったのです。

ところが。

何度やっても、どうやっても、洋服だけは片付けられませんでした。

困り果てた私は、ライフオーガナイズを学びます。

悩みをひとりでなんとかしようともがいた時には気付かなかった、自分に対する期待の高さ、完璧主義っぷりに驚きました。
他の人と片付けについて話し、ライフオーガナイズを実践していくにつれ、自分やまわりの状況を俯瞰できるようになりました。

自分を変えるのではなく、環境を変える。
意識を変えるのではなく、行動を変える。時間の使い方を変える。

自分の癖や行動パターンを客観視する。
道具や部屋の使い方を自分に合わせカスタマイズする。
生活しやすい仕組みを作る。

そうすることで毎日の家事や雑務がスムーズに処理できる。

「見える化」「仕組み化」と呼ばれるこれらの行動が、私の毎日をとっても楽にしてくれました。

サービスメニュー
お片付けで人生変わる? ――はい、変わります。人生変えるお片付け。始めませんか?

オーガナイズする楽しさに夢中になり、プロになる決意をします。

ライフオーガナイザー®として

私はずっと「ダメな自分を変えなくちゃ」と自己否定を続けていました。

片付けられないのは、ダメ女だからでしょうか?
だらしがないからでしょうか?

いいえ、違います。

「正しい片付け」にとらわれすぎていたから。
自分の脳のクセや行動パターンに合った片付け方を知らなかった。
片付けで得られる目に見えない価値を教えられてこなかったからです。

世間一般でいわれる

  • キレイな部屋
  • お金
  • 時間
  • 家族とのコミュニケーション

といった価値が手に入るだけではありません。

  • 脳ストレスが減る
  • 集中力が高まる
  • 動揺を抑えられる
  • 衝動をコントロールできる
  • 能力を発揮できる
  • 新しい自分を発見できる

目に見えない内面での変化が起こります。

頭の中が片付くと、感情を安定させる余力ができます。
頭がスッキリし、心がおだやかになると、冷静な判断が下せるようになります。
(片付けることで意思決定を司る脳の前頭葉という部分への負担が減ります)

片付けくらいできて当たり前と思っていませんか?

全然使ってないのだから捨てればいいのはわかってる。
……でも、気持ちがついてきてくれない。

「使ってないのだから捨てればいい」

頭ではわかっていても、後ろめたさや罪悪感にさいなまれてしまう。

捨てたくないのに「減らさなくっちゃ」と捨てようとする。
「主婦だから、家事は私の仕事」と家族の分の片付けまで背負ってる。
片付けても片付けても、また元通りに散らかる。汚れる。誰からも感謝されない。

自分ですらなんのために片付けているのかわからなくなっていく。

なーんてことがなくなるのです。

私たちは具体的な片付け術については嫌というほど学んできました

でも今やる事がなんためのものなのか、何が得られるのか。
わからないまま動くことはできません。

全体が把握できて、未来に期待が持てるからこそ、今やることに集中できるのです。

なんのために片付けるのかわからない。
どうせまた散らかる。
やってもやっても元通り。

そんな気持ちを抱えたまま片付けるのはつらいものです。

動き出す前に

わけもわからずがんばってきた自分に、お疲れ様を言いましょう。

ひとりでよくがんばりました。
なにがなんだかわからないまま、ただひたすらに努力してきました。

お疲れさま。

そして、さようならを言いましょう。

自分が至らないから、努力が足りないから……。

だからうまくいかないのではありません。

自分に合わない片付けしか知らなかった。だから、うまくいかなかった。
それだけなのです。
なんのために片付けるのかわからないまま片付けていたから、続かなかったのです。

今までうんざりするほど繰り返した、うまくいかないパターンをまた繰り返しますか?

ジュースが出てこない自動販売機にお金を入れて悔しがるような事をまだ続けますか?

答えがNOなら。

自分に合う片付けで

生活を楽にしましょう。
自分を好きになりましょう。
人生を変えましょう。

お手伝いします。

サービスメニュー
お片付けで人生変わる? ――はい、変わります。人生変えるお片付け。始めませんか?

略歴

ライフオーガナイザー®1級
サーティファイドライフオーガナイザー(CLO)レベル1修了
秘書技能検定2級

埼玉県さいたま市在住
夫と二人、賃貸マンション暮らし
利き脳:右左タイプ、ADHDタイプ(未診断)

オオノミエコは、一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会の正会員です。

タイトルとURLをコピーしました