オオノミエコ プロフィール

ご挨拶

はじめまして。

片付けとは捨てることだと思い込んでいた私は36歳まで汚部屋住人でした。

自分の汚部屋画像いち

↑汚部屋@実家(床は撮影できないほど服まみれのけものみち。足で服を蹴り飛ばし、ときに踏みつけ圧縮しておりました……)

いつも何かに追われ、
いつも探しものをし、
いつもイライラし、
自信が持てず、
「死にたい」と「死ねばいいのに」を交互にくりかえし、

しょっちゅうやさぐれていました。

「どうすればいいんだろう」ばかりを気にして、自分が「どうしたいか」は無視していました。

私は片付けられない女。女失格。

セルフイメージは最悪でした。

そんな私でも結婚し、専業主婦になりました。

「片付けなきゃ」と感じ、様々な片付け術をネットで調べました。

調べている間は、片付けなくていい気がしていたからです。

ところがカレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)」を読み、ガラクタを溜め込むことの悪影響を知り、片付け熱に火がつきます。

また「捨てたくないなら捨てなくていい」「無意識の動きに合わせた片付けやすい仕組みを作る」ADHD向けの掃除しやすく片付けやすい部屋づくりメソッドと出合いました。

「捨てられない」

――無理やり捨てる必要はないんですよ。

「捨てたくない」

――いいんです、いいんです。ただ○○だけはしましょうね。

一般的に正しいやり方、みんなと同じように、普通は、を強制されないお片付け。

捨てなくてもいい、無理しなくていい。

どんな自分でいいんですよ♪OK~♪OK~♪

今の自分でできることをやればいい。

こんな片付け方があるのかと、感動しました。

片付ければ片付けるほど楽になりました。
自分の素直な気持ちを尊重できるようになりました。
自分を好きになれました。

イライラすることがなくなり、毎日が楽しくなりました。

家中のモノや場所のほとんどを、片付けられるようになったのです。

ところが。

何度やっても、どうやっても、洋服だけは片付けられませんでした。

困り果てた私は、ライフオーガナイズを学びます。

悩みをひとりでなんとかしようともがいた時には気付かなかった、自分に対する期待の高さ、完璧主義っぷりに驚きました。
他の人と片付けについて話し、ライフオーガナイズを実践していくにつれ、自分を俯瞰できるようになりました。

自分を変えるのではなく、環境を変える。
意識を変えるのではなく、時間の使い方を変える。

根性論や精神論で片付けるのではなく、自分の癖や行動パターンを知って、道具や部屋の使い方を工夫し、生活しやすいようにセットし、毎日の家事や雑務をスムーズにこなしていく。

「言語化」「見える化」「仕組み化」と呼ばれるこれらの行動が、私の毎日をとっても楽にしてくれました。

ずっと「自分を変えなくては」と自己否定の連続でしたから。

それが、自分だけでなくすべての人にひとりひとりそれぞれの価値があると思えるようになりました。

みんなと違うというだけで、その価値を、その個性を、恥だと勘違いして、自分ではない他の誰かやありもしない幻想の完璧な女性になろうとしている人の多さに危機感を抱いています。

片付けられないのは、ダメ女だから? だらしがないから?

いいえ、違います。

がんばりすぎているからです。

私はダメだという劣等感が根底にある限り、他人と比べて「もっともっと」とがんばってしまいます。

捨てたくないのに「減らさなくっちゃ」と捨てようとする。
「主婦だから、家事は私の仕事」と家族の分の片付けまで背負ってる。
片付けても片付けても、また元通りに散らかる。汚れる。

誰からも感謝されない。

自分ですらなんのために片付けているのかわからなくなっていく。

悪循環から抜け出しましょう。

片付いた部屋にいると気持ちがいいです。
ずぶずぶとはまり込んでしまうネガティブの底なし沼に、底ができる。

日々の後片付けも掃除もあっという間に終わります。
どこに何がどのくらいあるのかもわかっているから安心です。

今が人生で一番幸せ!

を、毎日更新しています。

悩みを消す。望みを叶える。笑顔が続く毎日を。

お手伝いいたします。始めましょう。

オオノミエコ

ライフオーガナイザー®1級
サーティファイドライフオーガナイザー(CLO)レベル1修了
秘書技能検定2級

埼玉県さいたま市在住
夫と二人、賃貸マンション暮らし
利き脳:右左タイプ、ADHDタイプ(未診断)、後者


オオノミエコは、一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会の正会員です。

フォローする