理想ばかり高く行動力がない人は、ノウハウ探しの悪循環ループにはまっている

理想ばかり高く、行動力がないってのがコンプレックスだったオオノです。

ども!

やる事を分けて、それぞれまず「何をするか」を決めたら「すぐやる」ができるようになってきたよ!のお話。

今日は、最難関のBIG+HARDな事についてです。

*当初、BIG+HARDな事はまず「調べる・思考を整理する・決める」って書いてましたが、記事を書く段になって「書き出す」に変更。過去記事も修正しました。

  • 縦軸がやることの大きさ
    やり始めたら最後まで一気に進められるものはSMALL
    やり始められない、途中でつまずくものはBIG
  • 横軸がやることの難易度
    やったことがあって、簡単にできるものはEASY
    やったことがなかったり、難しいものはHARD

表の上半分は、体を動かす。
表の下半分は、頭を動かす。

初回の記事はこちら。

「すぐやる」能力を鍛えるために始めたこと
ども!オオノです。 考えるのは得意でも、行動力は皆無です。 長年、片付けられなかったのも、「汚いな~」と思っても...

BIG+HARDな事って?

やる事の種類や数が多くて面倒な上に、1つ1つが難しくてすぐに手が止まってしまうような事です。

ただ単に使ったモノを元の場所に戻す後片付けなら、SMALL+EASYです。

片付け全般となると、BIG+HARDになります。

いろんな事が入り組んで、難しくて、うまくいってないことはわかるけど、どうしたらうまくいくのかわからない。

1日も早く抜け出したいBIG+HARDな事。

どうすればいい?どうしたい?

なんとか解決したくて、行動しようと思うものの、動き出せなかったり、とりあえず動いてみても、続かなかったり。

――どうすればいいの?

調べれば調べるほど選択肢が出てくる。

――どうしたいの?

自問自答すればするほど混乱してくる。

ここで多くの人が迷宮から抜け出せなくなります。

同じことのくり返しにハマってしまうんですね。

うまくいかない→原因を探す→答えを見つける→うまくいってる人の真似をする→うまくいかない→原因を探す→答えを見つける→別のうまくいってる人の真似をする→うまくいかない→原因を探す

このくり返しです。

実は、片付けられないと長年悩んでもがいている人は、この悪循環ループにはまっています。

では問題です。

うまくいかない→原因を探す→答えを見つける→うまくいってる人の真似をする

どのステップが間違っているのでしょうか?

3択です。

  1. 原因を探す
  2. 答えを見つける
  3. うまくいってる人のマネをする

どのステップが間違っているのでしょうか?

悪循環ループから抜け出すには

答えは、

  1. 原因を探す

です!

うまくいかない→原因を探す→答えを見つける→うまくいってる人の真似をする(*Repeat*)

はい。初手から間違ってるんです。

原因を探す前にやることがあるんです。

それは「うまくいかない」の棚卸しです。

棚卸しをすると、何がうまくいっていないのかが把握できます。

BIG+HARDな事はまず「書き出す」

やっていてうまくいかないと感じている事は、やってきた事を「書き出す」。

  • いつ
  • どこで
  • どのタイミングで
  • 何を
  • どのようにしているか・していないのか

などなど。

具体的に「書き出す」をやってみると、案外書けないこともあります。

したことがなくて、試したいんだけれどなかなか行動に移せずにいる事は、感じている不安や恐れている失敗について「書き出す」。

  • 気がかりなのは____
  • 心配なのは____
  • ____だったらどうしようと思ってる

などなど。

行動しない人がノウハウコレクターになると

理想が高いのは、行動せずにノウハウばかりを探すからです。

ノウハウを探す過程で、どんどん知識が広がり、理想が高くなるのです。

理想が高くなると、必要な行動も増えます。

そこで行動するためのノウハウを探すと、また知識が広がり、理想が高くなります。

理想ばかりが高く行動力がない人は、頭と心ばかりが動いていて、体を動かす事を怠っているのです。

本当に必要なのは

必要なのは理想を現実にするノウハウではありません。

自分の体を動かす指示です。

行動力がないとは、自分の体を動かせるような指示が出せてないということです。

「部屋を片付ける」というあいまいな指示で、自分の体を動かせますか?
「帰宅後すぐに部屋を片付ける」ではどうでしょう。体をどう動かしますか?

行動とは、体を動かすことなのです。

頭や心をどんなに動かしても、体を動かさない限り、現実は1ミリも変わらないのです。

最後に

フルマラソン42.195km走りたいと思って、いきなり42.195kmを走る人はいるでしょうか?

ほとんどいないと思います。

でも、「いつでも来客OKな部屋」にしたいと思って、いきなり「いつでも来客OKな部屋」づくりを始め、挫折してできない……と諦める人は多いです。

「ベタッと開脚したくてね、やってみたらできなかったの。痛くてもう嫌!」とふてくされる人に、あなたはなんて声をかけますか?

「痛くなるまでやらないで、少しずつ柔軟してみたら?」って言いません?

では、「片付けたくてね、やってみたけどできなかったの。つらいくてもう嫌!」とふてくされる人にはなんと声を書けるでしょうか。

片付けも、体を動かす行為です。

頭で考えたことができないなら、それは自分の体を動かす指示が出せてないということです。

頭や心をどんなに動かしても、体を動かさない限り、現実は1ミリも変わりません。

かといって、理想を低くする必要はありません。

理想の手前、現実のちょっと先に、目標を置けばいいだけ。

体を動かし続けることで、現実は変わっていくのですから。

最後にもう一度。こちらの動画をどうぞ。

最後までお読みくださりありがとうございました!

では、また。(^-^)/
オオノでした。

タイトルとURLをコピーしました