ToDoリストをチェックリストに変えたら「やらされてる感」がなくなった

ども!

ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

汚部屋時代は、全部頭の中で処理してパンクしていました。

汚部屋脱出期に「書き出す」ことで脳内にゆとりをつくれるってことを覚えました。

手帳は忘れないために書くのではない。忘れるために書くのだ。
ども!昨日の「とんでもなく忘れる」って話を旦那にしたんですよ。 オオノ 忘れちゃうのはど...

でも。

どうもToDoリストと相性が悪いんですよ。

そこでDoneリスト(やったことリスト)も作るようにしたんですが、

ToDoリストをやめて「やったことリスト(Done List)」始めました
ども!ライフオーガナイザー®のオオノです。ご訪問ありがとうございます。 44歳。主婦歴10年。 ...

毎日のくり返しばかりな家事は、Doneリストを書いていてもつまらないんで結局やめちゃいました。

仕事ではToDoリストもDoneリストも作ってまあまあうまくいってるんですけどね。

家事となるとどっちもどんよりと重くなる。

なんかいい方法ないかなぁ……

なーんて、もやもやを抱えて

2年!

2年w

新しい方法を思いつきました。

それがこれ。

チェックリストです。

書き方の例はこちら。

DoじゃなくてBe。

することじゃなくて、した結果の状態。

だからToDoを書くよりもチェックリストを書くほうが難しいです。

「ブログの更新」を例に説明しますね。

ToDoリストなら

□ブログを書く

とか

□ブラウザを立ち上げる
□編集画面を開く
□ブログを書く

なんて書けばいいのです。

ところが、チェックリストは

□タイトルは~で~か
□導入部は~で~か

みたいな、どういう記事を書けばいいのかの正解を用意しておかないと書けないのです。

チェックリストを書ける=悩まずにできる

ということですね。

さらに、「いつ」の指定がないと困っちゃうんで、こんな風に書きました。

19時の時点で乾いた洗濯物がしまわれていればOK

不思議なんですけど、チェックリストにした途端「やらされてる感」がなくなって、ゲームのクエストっぽくなりました。

チェックリストに書いてあることをクリアさえすれば、何をどうやっても自由だよ!ってな感じが心地いいです。

「チェックリストの作り方」っていう記事が書けるように、色々トライしてみます。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました