未来のビジョンが妄想化して現実にならない人

ども!ライフオーガナイザー®のオオノです。

先日書いたこちらの記事。

すごく胸に刺さりました。

書いた私が(笑)

全部、やることを宣言するパターンだと動けるんだよね。

それやってなんの意味があるの?とか考えないw

ここ。

全部、やることを宣言するパターンだと動けるんだよね。

2回繰り返したぞ(笑)

そうなんですよ。ここ大事なんです。

なぜって、

未来を思い描くと妄想が暴走

やりたいことや好きなことがたくさん思いつく人。

よくいえば空想力、夢を描く力、アイデアが豊富な人。

悪くいえば妄想力、机上の空論、絵空事で終わってしまう人。

います。

生まれてこの方ずーっと片付けが苦手なんですという女性に多いです。

こういう方は「片付けた後の理想の生活を思い描きましょう」と言われると、セレブ暮らしを思い浮かべるのです。

当然、片付けも家事も雑務もぜーーーーんぶ、他人任せです。

だって、セレブですもの。

妄想女王クラスですと、魔法の杖を手に入れて「きれいなおへやになぁ~れ★」で部屋が片付いたらいいなぁ。その呪文はなんにしようかなぁ。チチンプイプイじゃ古いかな? なにかオリジナルの呪文がいいなぁ。呪文の呪って呪いとおんなじ漢字だよね。じゅ、じゅ、JUJU?いやいや、じゅ、じゅ、じゅじゅじゅじゅじゅ~……おいっ!鬼太郎!……あれ?何考えてたんだっけ?とにかく。

現実とのズレが大きい目標を設定してしまう

いまいる現実から遠く離れた、離れすぎた未来を思い描くと、当然ですが実現までの道のりも長く複雑になっていきます。

では、なぜそんな現実から遠く離れた「理想の生活」を思い浮かべてしまうのでしょうか。

答えはシンプル。

自分がやってきたことを「当たり前」だと軽んじているから。

やってもやっても「当たり前でしょ」と感謝しない。ねぎらわない。

すると「もっと大きな事をしなければ!」とどんどん期待がふくらんでしまう。期待が高すぎると、できないことばかりになる。欠乏感が増してしまう。
するとさらに「もっともっと大きな事をしなければ!!」と実現不可能なレベルの期待をしてしまう。当然、実現不可能なので、さらに欠乏感が増して……悪循環に陥ってしまう。

まずは現実的なプロセスを

自分がドリーマーだと自覚ある人は、まず現実的なプロセスを思い浮かべましょう。

例えば。

確率0.3%のガチャを「出るか出ないかの二択だから確率は50%だ!」とか言わない。最悪どのくらいぶん回せば出るのか、納得できる回数をリサーチしておく。その上で、

  • 締め切りはいつなのか
  • 締め切りまで1日何分~何時間、できるのか(確実にできる時間)
  • 一体何回やると目標レベルに到達するのか

などなど。

はっきりと言葉にし、即実行に移せるプロセスをリストアップ!



した結果。

1350回プレイすると、ガチャ60連できる計算に。
すでに40連してますので、残り3日間アホみたいにプレイします。
1日何分、何時間のプレイが必要かの計算はしません!したら心が折れる。

え?

それやってなんの意味があるの?



それやってなんの意味があるの?

うるせえ。

ゲームなんだ。

本気でやれ!

良い子のみんな!こんな大人になっちゃダメだよー。

へばの!

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)