「自分を生きる”技術”」としての「片付け」と「ライフオーガナイズ」

当ブログの読者さんから「おもしろい」と言ってもらえるのが嬉しくて、常に読者さんの存在を意識して文章を書いていました。

片付けブログの前にもいろいろやってたんで、かれこれ10数年。

当たり前のように読者さんを想定して文章を書いていました。

が。

想定読者さんである、今まで片付けられた試しがないけど今度こそは片付けたい人のイメージが、わかなくなってきました。

内容が「難しい」とか「ついていけない」というお声もいただくようになりました。

そこで、自分のペースを落として「わかりやすく」「伝えよう」と心がけていたのですが。

限界が……。

目に見える世界だけで語ることに限界を感じてしまいました。

「自分を生きる”技術”」としての「片付け」や「ライフオーガナイズ」に興味が有るのであって、実際に部屋が片付くかどうか、時間をどのように使うのか、といった細かい部分への関心が二の次になってきました……。

片付けられるようになるには、個人的無意識(Be)の領域への働きかけも必要です。

私には片付いた部屋がふさわしい、私は片付いた部屋じゃないと落ち着かない、というレベルにまで染み込ませない限り、何度でも汚部屋になります。リバウンドします。

片付いた部屋に住む自分が当たり前(Be)だから、
「片付けよう」と思い(Have)、
片付ける(Do)。

limiting-1571341-639x426

個人的無意識(Be)を変えることは一瞬でできます。が、固まりづらいです。

言動(Do)を変えるには時間がかかります。が、固まりやすいです。

思考、感情(Have)は(Do)と(Be)の間にあります。

人それぞれ違う(言動Do、思考、感情Have・個人的無意識Be)けれど、人はみな同じ(普遍的無意識)でもある。

片付けられる人になると決めてください。

自分を生きると決めてください。

すべては決めることから始まります。

いつからでも変えられるし、いつまででも変えずにいられます。

変える力はみんなあるし、変えない力もみんなあります。

変えない力を駆使して今のままの自分でい続けることも、その逆も。

すべては決めることから始まるのです。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)