問い合わせはこちら片付けで人生変わる?

プロが夜の片付けをすすめない理由

ADHDタイプのライフオーガナイザー®
オオノミエコ
です。

本格的な片付けを始めると、1日や2日では終わりません。

そこで、片付け作業を小分けにして、数日~数ヶ月単位で進める必要があります。

ところが、片付けが苦手な人というのは、

  1. ゴールまで一気に駆け抜けたい
  2. やる気が出たときだけ片付ける
  3. どこで区切ればいいのかわからない

という特徴から、

片付けをやめるのは体力や気力が尽きる時

となりがちです。

限界を超えたらやめるのです。

部屋の片付けは進んでいないのに、体力や気力は尽きている。

この状態では、次の片付けへのエネルギーとなる進捗感や充実感を味わえません。

余力を残した状態で片付けを切り上げる

1日で終わらない片付けをする時は、余力を残した状態で切り上げましょう。

片付けを終えてもまだ家事や入浴を済ませられる余力。
テレビ・動画、マンガなどを楽しめるだけの余力。

これらの余力を残しましょう。

とはいえ、気付いたらやりすぎていた!というのがADHDタイプ。

ですので、おすすめは「陽が沈んだら片付けない」です。

夜は感情的になる

夜中に手紙を書いてはいけない。なんてよく言いますよね。

あれは、副交感神経が優位になり、理性よりも情動が優先されてしまうからだそうです。

過去のモノと向き合う。

昼間はへっちゃらでバンバン手が動くのに、夜にはセンチメンタルになって「あ、これはあの時○○したくて買ったモノ。そういえば、あの頃はNさんのことが大好きで~~」と思い出の渦に飲み込まれる。

なんてことが起こります。

「陽が沈んだら片付けない」

お試しください!

最後までお読みくださりありがとうございました!

では、また。(^-^)/
オオノでした。

タイトルとURLをコピーしました