│7月・8月の空き状況はこちら!│7/19★new★

汚部屋から卒業できちゃう「ためない習慣」とは?

旦那を見送った後、寝床に戻ってのんびり読書が至福の時!どうも!(^-^)/頭の中から片付けるライフオーガナイザー®のオオノミエコです。 

黄金の時間と呼ばれる朝の時間帯を「読書」という趣味につかってしまう!この背徳感。たまりません。

さて。前回の記事で

このように書きました。

「底付き体験」があれば後は浮上するだけ!なんて、自分を追い込んだり、他人を傷つけたりするのはオススメしない。

そんな事しなくても、勝つ方法を追い求めるのではなく、負けない技術を身につける的発想で人生は変わる。

自分を好きになろうとするより、自分を傷つけるのをやめる。
痩せる方法に挑戦するんじゃなくて、太らない習慣を身につける。
こうすれば片付くよ!という方法よりも、小さな今すぐできる「ためない習慣」を実践してみる。

ためない習慣?

片付けにおいての「負けない」「太らない」ってなんでしょう。

片付いてない=「散らかっている」んでしょ。
だったら「散らかさない習慣」なんじゃないの?

そう思われる方、多いのではないでしょうか。
(まわりの人にリサーチしたら「汚さない」とか「散らかさないじゃないの?」との答えが返ってきました)

でも、実際問題、モノを散らかすのは子どもだけです。大人は散らかしません。

汚部屋住人あるあるの「どこに何があるかは大体わかってる!」

これはある意味、真実です。

散らかってはいないのです。まとまりもありませんが。

汚部屋になるのは散らかしたり、汚したりするからではありません。

「ためる」から汚部屋になる

キャパを超えるモノを「ためる」
やりかけ・未完了の事を「ためる」
ストレスや悩みを「ためる」
選択や決断を先延ばしして「ためる」

などなど。

いろんなのを「ためる」から汚部屋になるんですね。

ここに気付かないとどれだけ手放しても、捨ててもまたすぐにリバウンドしてしまう。

捨てる・手放す前に、いままで何の気なしにやっていた「ためる習慣」をやめる。

これ以上は抱え込まない。ためない。増やさない。

「ためない習慣」例

「やること」編

  • やれることには限りがある
  • 忘れるために書き出す
  • 自分のキャパを把握する
  • 腹八分目ならぬ頭六分目
  • やらなくちゃ……をやめる
    →できないことをやれよ!と自分を追い詰めない
    →できることを1つでいいからやる
    →何もしてない罪悪感がなくなる
    →ワチョ――ヽ(・∀・)ノ――イ♪

買い物編

  • 「本当に今すぐ買う必要があるか」を考えてから買う
    →家に同じモノがないか、代用できるモノがないか
  • 買い物でストレス発散したいだけでは?と疑う
    →カラオケや映画など後悔しないストレス発散法を探す
  • 新商品を見かけた時、すぐ買えるようストックは必要最小限にしておく
    →使い切れない程ストックがあると、気楽に買えない
    →買えば買うほど汚部屋化が進む

ガラクタ捨て編

  • 何かに使えそう!を捨てる
    →使えるモノにするために、何が必要かをイメージする
    →奉仕するのは自分である
    →モノの奴隷をやめる
  • 買ってはみたもののいまいちだったんだよな……を捨てる
    →家にある限り、何度も何度も、失敗がよみがえり嫌な思いをする
    →手にしてみないとわからないのだから「買ってみたもののいまいち」は避けられない
    →どんまーい
  • キャパオーバーするはるか手前で捨てる
    →余白を作っておく
    →腹八分目に慣れる

収納プラン編

  • どこに置くか決められず思考がフリーズしたら
    →どこで使うか考える
    →その部屋or収納に置く
    →ざっくりから始めよう
  • 機能性を重視するか、見た目を重視するかで迷ったら
    →機能性重視

 

じぶんだいじに。

みなさんが実践してる「ためない習慣」教えてくださいね!

では、また。
オオノミエコでした。

★参考図書★

コメント

タイトルとURLをコピーしました