│6月・7月の空き状況はこちら!│6/23更新

片付けで得られるスキル「高い視点から見る・俯瞰力」

ども!
頭の中から片付けるライフオーガナイザー®のオオノです。

5月に行う講座を鋭意作成中!なのですが、作業していると細かいことにとらわれてしまう時があります。

「やる気が ”出ない”」と「やる気が ”出せない”」どちらがしっくりくる表現だろうか。
「やる気 ”が” 出せない」じゃなくて「やる気 ”を” 出せない」のほうがいい?
「 ”事実” を望むものに変える」と「 ”現実” を望むものに変える」どっちがいいかな~。

といった、”単語” や ”てにをは” にひっかかってしまうんですね。

しっくりくる、カチッとハマる表現にできると言葉に力が宿る。
そんな気がするので「ズレ」を解消したくなるのです。

でも。

”単語” や ”てにをは” のような1つ1つにこだわっていると、時間がいくらあっても足りません。全体像がつかめず、いつまでたっても方向性すら定まらないということもあります。

わたしが片付けられない女だった時の片付けも同じで、細部にとらわれ最後までやり終えることができませんでした。

片付けようか……と片付け始めるも、手に取る本1冊1冊がまた読みたい、これはまだ完結してない、これも古本屋をはしごして必死に揃えたシリーズ……捨てる前に読もうかな……あぁっ!日が暮れた!無理!片付かない!×10000回

高い視点から見る・俯瞰力

汚部屋時代のわたしには、

 icon-compass Tips icon-compass   

できる事を終わらせて、やる事を減らす。

という発想がなかったんですね。

最初から最後まで完成度10%でいいからやってみる。一連の流れを掴む。ということをやってこなかった。

カレーライスを作りたくて、納得の行くカレー粉を探し求めてさ迷い続ける。みたいな感じでしょうか(笑)
カレー粉探しに夢中で、カレーを作らない。
カレーを作らないから、いつまでも納得の行くカレー粉が見つけられない。

まずは1回、作る。

どんなんでもいいから作って、食べて、OKなポイントと改善したいポイントを見つけ、次につなげる。

ってことをしてなかった。

結婚したくて、理想の男性を待っている。という例えもありかな?
これだ!という男性だという確信を持てない限り、付き合わない。

そういう友達がいたらこう言うんじゃない?

「誰とも付き合わないから、いつまでたってもこの人だ!っていう確信が持てないのよ。とりあえず、嫌じゃないなら○○さんと付き合ってみれば?誘われたんでしょ? 付き合うってのに抵抗があるなら、友達として遊びに行くくらいいいんじゃない?」って。

最初から最後まで完成度10%でいいからやってみる。一連の流れを掴む。

やり終えると、一段高い視点から物事を見られるようになる。俯瞰力がupする

みなさんも、そんな経験ありますよね。

片付けも同じです。

では、また。
オオノミエコでした。

 

一段高い視点で自分を見たいと思ったら
 icon-angle-double-right 自分クリアに 価値観のオーガナイズ

自分クリアに 価値観のオーガナイズ
主体的に生きるあなたへ。 概要 skypeもしくはzoomで行う価値観のオーガナイズ。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました