■お申し込みはここをクリック!■

感情が揺れ動かないモノから整理する

ども!ライフオーガナイザー®オオノミエコです。
ご訪問ありがとうございます。

片付けが大嫌いだった時やってた片付けは、

でした。

多すぎるモノを減らそうとした

本がとにかく多い汚部屋だったんです。

だって、大好きだったんですもの本が。

環境的にも本を増やすには最高でした。
最寄り駅前には大型の本屋がドーンとありまして、家に帰る前に必ず立ち寄り新刊チェックしてました。

大好きだからこそ、誘惑には勝てない。
自主的に減らすのは難しい。

そこで新居の物件探しの条件の中には、

  1. 本屋がない
  2. 図書館がある

本を増やさない、でもたくさん読める環境にしました。

環境を変える以外に、たくさんあった本を減らすことなんてできなかったと思います。

多すぎるモノ=大好きなモノ

汚部屋時代の私に、今の私がアドバイスするならこう言います。

まずは細々としたゴミを捨てよう
「DMが入ってる封筒、必要?」
「使いかけの試供品、ホコリ付いてるよ!」
「買ってきた服にタグがまだついてる。それはゴミだよ」
「その雑誌、まるっとそのままの状態で残したい? とっておきたいページ以外はゴミじゃない?」
「紙袋を厳選して。汚れてる紙袋はいらないよ」
「好きな本は一番最後でいいよ」
今の自分でできることを1つずつ完了させよう

こういう細かいゴミを 片付け続ける

使ってないモノ=要らないモノ扱いした

使ってなくたって「あると安心」だったり、「あるから買わずに済んでいる」モノもあります。

でも、片付けられないのがコンプレックスでしたから
「あると安心」や
「あるから買わずに済んでいる」
という気持ちは言い訳なんじゃないかと自信が持てませんでした。

片付けられる人たちの言うように「使ってないんだから要らないモノ」だと必死に自分に言い聞かせて捨てようとして……できずに挫折。

何度も何度も同じパターンを繰り返していました。

片付けようとがんばればがんばるほど、できなかったんです。

それが、無理して片付けても続かないんだから、自分が簡単にできる片付けだけをやろう。気持ちいい~程度でもずっと片付け続けていれば、いつかは絶対に片付くよ。

使ってなくたって、家にあることで安心できるモノは堂々ととっておこう。
使ってなくたって、家にあるから新しいモノを買わずに済んでいる、探そうとすることもない。だったら十分役割がある。堂々ととっておこう。

自分の手におえる範囲内ならば。

に変えたら、あっという間に片付きました(笑)

感情が揺れ動かないモノから整理する。
感情が揺れ動くモノは後回し!

とにかく収納しようとした

いま思えば、汚部屋時代の私は

片付けのゴール=モノが表に出てないこと

だと思っていたじゃないかな~。あやふやだね(笑)

とにかく。

モノを減らして、収納の中にしまおう、しまいきれる数量にしようとしてたんだと思う。

できたことないけど(笑)

そうじゃないんだよー。

見た目をキレイにすることも大事だけれども、それ以上に

使う人が使いやすいように配置する
使う人が出し入れしやすいように収納する

自分(や家族)が生活しやすい部屋にする

ってーのが大事なんだよー。

生活しやすいモノの配置って、見た目の美しさと相入れないことも多い。

どっちを選ぶかは人それぞれだけれど。

私は間違いなく「生活しやすい」方を選ぶ。

生活しやすいモノの配置は、片付けやすいモノの配置でもあるから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました