片付けられる人の頭の中ってどうなってるの?

片付けられる人の頭の中ってどうなってるの?

の前に。

まずは、

友達やお客さんが来るってなると片付けられるんだけど……いつもはねぇ、なんか手を抜いちゃうのよね。

という方の頭の中で、家はおそらくこのような認識。

間取り主観図

間取り主観図

主観的に我が家の間取りを描くとこうなります。

輪郭が曖昧で絶対に片付かなそうです。

事実、片付かなかったわけですが、大体どこに何があるかはわかってるんですよ。

使ったらその場に置きっぱなしだから、そこ探せば見つかるんですよ。

探す気力が尽きる前に見つかるかどうかはわかりませんが……。

 

でもって。

片付けられる人の頭の中はこうなってます。

間取り俯瞰図

間取り俯瞰図

客観的な間取り図を描ける。

そこにプラスして、部屋をどう使うかのコンセプトがある。

 

世間一般の片付けをいくら学んでも、自分がどうするかを決めなければいつまでも迷子。目的地にはたどり着けません。

自分の世界をいくら大事にしても、空間認識があやふやでぼんやりしていると、いつまでも形にできません。

 

環境・条件を俯瞰し、自分のモノサシで取捨選択していく。

まさしくライフオーガナイズ!

です。

タイトルとURLをコピーしました