片付け脳のつくり方

決断力をつけるために知っておきたい脳のクセ

  1. 捨てる
  2. 残す

もう使わない物
気に入ってない貰い物
気に入ってるけど使えない物

捨てようか、残そうか。

どっちがいいんだろう。

迷いますよね。

ども!
時間🕒と空間🏡の片付けのプロ
ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

捨てたらスッキリするかも。
捨てたら後悔するかも。

捨ててみないとわからない。
だけど、捨てて後悔したくない。

  1. 捨てる
  2. 残す

どちらを選ぶのが正解なの?

本をパラパラめくっても、
ネットポチポチ検索しても、

みんな言うことがバラバラ!

なんでみんな言うことが違うの?
なんで、なんで、なんでなのー?

答え.



全部、正しいから。

どっちを選んでもスッキリするし
どっちを選んでも後悔する

なぜかというと……

決断力をつけるために知っておきたい脳のクセ

その1.自分に都合のいい情報ばかりを集める

「捨てて正解」と考えていると、捨ててよかった裏付け情報を探します。
「捨てて失敗」と考えていると、捨ててダメだった裏付け情報を探します。

これを確証バイアスといいます。

なんだかもう、よくわからなくなってきますね😨

どっちを選んでも正解。
どっちを選んでもイイ。

でも、どっちを選んでも後悔するかもしれなくて……

決断力をつけたいなら

  1. 捨てる
  2. 残す

どうしよう……。

悩んでしまって決められないあなた。
おそらく

決められないから、また今度。

と、「今までと同じ」選択をするでしょう。

その2.「今までと同じ」が大好き

  1. 捨てる
  2. 残す

脳は現状維持が大好き。

どちらにしようか悩んだ時に、無意識に「今までと同じ」選択をしてしまうのです。

決められないから、また今度。

と、先延ばす。

何度も先延ばししていると、先延ばしばかりする脳になります。

嫌ですね😨

今までと違う変化を望むなら、今までと違う選択を。

すべては選ぶことから始まります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました