Organizing-Service

やりたい気持ちにさせるものが違った!!

「そもそも○○ってどういうこと?」がわからない。
自分で判断したい。自分で選択できるようになりたい。

そんなあなたの頭の中から片付ける
ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

当サイト不動の人気ナンバーワン記事がこちらなわけですが

やらなきゃと思えば思うほどできなくなる方、必読です
中2の夏休みに出た美術の宿題をいまだに提出してない私もなるほど納得!という記事を見つけました。 やるべき事を...

ここにもあるように

数々の研究データによると、衝動的な傾向が低い人々の場合は「恐れ」が行動を始める原動力になっているのに対し、衝動性の強い人は「恐れ」を感じることで思考が停止してしまう傾向にあることが判明しています。

多くの人にとっては効果がある方法が、少数の人には逆効果だった。
っていう発見、どんどん増えてますよね。

今日、オオノがわかったのは、

他の人にとってはモチベーションとなるものが、自分にとってはモチベーションとならない!!

ということでした。

いやぁ、スッキリした。

他の人、普通の人達というはおそらく「お金」「愛情」「欲しい物」など物質的なご褒美や、「他人とつながる」「感謝される」「役に立つ」といったコミュニケーション上のご褒美が、行動のモチベーションになるのだと思います。

多くの片付け本でも、片付けて「理想の部屋」「自分好みの部屋」にして、「お友達をいつでも呼べるように」とか「一家団らんを」とか「自分の時間」や「趣味の時間」なんて、片付けた後のご褒美がいろいろ書いてありますよね。

うん。

あのね、あのね。

オオノは、こういう自分の外にあるものにまったくもってピクリとも反応しないタイプの人間だったんですよ!!!!

自分の内にある好奇心や探究心でしか動けないタイプの人間だったんですよ!

みんな知ってた????

私、知らなかった!

でもね、たしかに、ライフオーガナイザー®になる前にそういう経験があった。

生まれてはじめて他人の部屋のお片付けを手伝わせてもらった時。
その子のお母さんがこう言ってくれたんですよ。

ホントありがとう!
片付けって素晴らしいね!
人の役に立つ仕事だね!
必要としてる人たくさんいるよ!がんばって!

私ね、この言葉を聞いた時に(あ、人の役に立っちゃう仕事なんだ……)って、ちょっと萎えたんですよ😭

萎えた自分にびっくりしたんだけれど。

多分、この時の私は

  • 自分の片付けノウハウが他人にも通用するか
  • やろうとすることやその目的を、相手にわかりやすく、謙虚な姿勢で説明できるか
  • 与えられた時間でやりきれるか

といったことに夢中になっていて、相手のためにとかまったく考えてなかったんです。

片付け作業そのものに情熱を感じていた。

で。

オオノミエコという人間は、フィールドワークに没頭する学者さんとでもいいましょうか。

「片付け」そのものが大好きで大好きで、申し訳ないけれど、お客様とのコミュニケーションがおろそかになってしまうタイプの人間。

それがお仕事だから、とコミュニケーション能力を向上させるべくいろんな努力をしているうちに、どんどんモチベーションが下がっていった。と。

動画がなかなか完成しないわけだ!!!(ガッテンガッテン

 

いやはや、いやはや。

いろんなタイプの人間がいるんですね。

マジでびっくりした。

そりゃ「動画作って依頼件数増やそうよ!」って自分に発破かけてもピクリとも動かないわけだwww

自分のモチベーションの癖(通称、モチ癖)を知っておかないとですね~。

いやはや。ほんとびっくりした。

46歳、もうすぐ47歳なのに、「お金」や「人の役に立つ」のが自分のモチベーションになるって勘違いしてたwwww

あぁ、気付けてよかった。

生きるのがもっと楽に、もっと楽しくなりそうです!

今日はこの辺で。

では、また。(^-^)/
オオノミエコでした。

ぴょーん

コメント

タイトルとURLをコピーしました