│7月・8月の空き状況はこちら!│7/19★new★

「私の怒りはどこから?」-JALO第6回カンファレンスレポ・1

2014年12月8日(月)・9日(火)
横浜で行われた日本ライフオーガナイザー協会のカンファレンスに初めて参加してきました。

常日頃から、私が元気に明るく楽しく過ごせるのは『静かな環境』があるおかげだと思っています。

毎朝、時間に追われて起きるでもなく、
満員の通勤電車に乗るわけでもなく、
価値観の合わない人たちと仕事をするでもなく、
食べたい物を食べ、
好きなように時間を使い、
のんびり心と体を休められる。

そんな環境にいるからこそ、部屋も片付いた状態をキープできるのだと思っています。

ここで言いたいこと:横浜に行くだけでグッタリ(ヽ´ω`)

知らない人と話すことと同じくらいストレスなのが、知らない場所に行き予定をこなすこと。
昔、横浜に来る機会が多かった時から変わらぬ景色と青空に元気をもらいながら会場のパシフィコ横浜へ。
14120801

靴を履き替え、ロッカーにしまい、特に何事も起こらずスムーズに到着。

いつも前の方の席を選ぶのは、後ろだと前の人の動きに釣られてしまい集中が途切れまくるから。
14120802

感情とテンションのコントロール

もともと、初めてのこと・知らないことが大好きで、冒険や探検も大好き。
ところがここに、「予定」「約束」「決まり事」といったものが加わると、感情とテンションのコントロールが必要になります。
好奇心旺盛で、後先考えずにどこへでも飛んでいってしまう子供を、眠らせる努力をします。

特に今回は、2日目の最後に発表がありましたんで、省エネモードです。

低く、低く、落ち着いて。でも落ちすぎないように。

喜怒哀楽。
4つの感情を、強さと消耗具合で順位をつけるとしたら、

怒>>>>楽>>喜>>>>哀

こんな感じかな?

怒りが一番強く、消耗する感情です。

:基調講演:

日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介さんによる基調講演、

オーガナイズを邪魔する怒りの感情をコントロールする方法

アンガーマネジメントについての詳細は以前、入門講座に参加した時のレポを参考にしてください。
旦那が私の怒りを軽んじる理由―『アンガーマネジメント入門講座』感想・その1
私が母の愚痴を聞くとイライラが止まらなくなる理由―『アンガーマネジメント入門講座』感想・その2
「怒り」と「脂肪」は似ている―『アンガーマネジメント入門講座』感想・その3

アンガーマネジメントを学んでから、イライラしっぱなしになった時、こう自問するようになりました。

「私の怒りはどこから?」

風邪はノドからくることが多いですが、
私の怒りはぶっちぎりで「不安」からやってきます。

待ち合わせの時間に遅刻することも、
約束を破られることも、
連絡さえあれば全然怒りません。平気です。

できなかったんだから、しょうがない。
ゴチャゴチャ言ったって、過去のことなんだから、怒ったってエネルギーの無駄。
何度も繰り返すようなら、そもそも約束の仕方を変えないとなー、と考えます。

連絡さえあれば、今何が起きているかが把握できる。
どこに問題があったのか、次にどう動こうか考えられるからです。

こうある”べき”の境界線、3つありましたね。

1-自分と同じ
2-少し違うが許容可能
3-自分と違う 許容できない

他の人と「1.自分と同じ」という経験が少なかったせいか、
私には2と3の間に、

2.5-自分と違うが 許容可能

があるんですよねぇ。

片付け方法で例えると、

1-自分と同じ→「捨てないから始める棚卸し的お片付け」、カレン・キングストン
2-少し違うが許容可能→ライフオーガナイズ、小松さんのお片付け、こんまり流ときめきお片付け
2.5-自分と違うが 許容可能→断捨離、整理収納アドバイザー、捨てる技術
3-自分と違う 許容できない→「捨てられない家族の物をこっそり捨てる」

おいおいおいおい。
ライフオーガナイザー協会のカンファレンスに行っといて、

2.少し違うが許容可能→ライフオーガナイズ

って、どういうこと!?

つづく
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

旧ブログで公開した記事を再掲しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました