収納の考え方

はじめに

このページでは生活しやすい収納の考え方を解説します。

申し訳ありません。美しい収納を作りたい方向けの情報はありません。

美しい収納 作り方
検索

前提として

見た目の美しさよりも、生活のしやすさ、機能性を重視し、毎日のくり返しを楽にする事を目的とする。

考える順番

最初は広く大きく、家全体。
次に各階、各部屋ごとに考えていきます。
配線の都合上、移動できない家電や家具も優先的に。

狭く小さいスペースは後回し。
移動が用意で小さいモノたちは最後にします。

家全体

一番最初にやることは、家の中で人がどう動いているかを見ることです。

これによって「モノを置いてはいけない場所」を特定します。

例えばこのような場所です。

  • 通路
  • ドア・扉前
  • 出入りが頻繁な窓前

各階

戸建ての場合は、各階の特徴や役割を見ます。

1階
2階
3階
納戸スペース

行動動線

複数の場所を行き来する日常の行動動線もチェックします。

  1. 洗濯動線(洗濯機~干す場所~収納場所=着替える場所)
  2. ただいま動線(家族ひとりずつ)
  3. 雑事・書類関係の動線

各部屋

部屋ごとの特徴や使い方を見ていきます。

順番は、

  • 名前も用途も明確な場所(トイレ・洗面・風呂・キッチンなど)
  • 名前がない部屋(洋室1、和室1、6畳部屋など)
  • 名前はあるが用途が曖昧な部屋(ダイニング・リビング・子供部屋)

ダイニングやリビングで何をするか、将来の子供部屋は現在なんのための部屋として使っているか。

部屋をどう使うかで収納も変わります。

また、家族で共有するスペース・個人のスペースを分けます。

収納スペース、造り付け収納、コンセント位置

特徴を見て、使い方や序列を決めます。

ポイントとなる特徴は

  • 収納の位置
  • 扉の有無、開き方
  • 奥行き、高さ
  • 利き手や利き脳、身長によるアクセスのしやすさ

家具・収納家具

住む人の行動特性や利き手・身長等に合わせ考えます。

  • 動線を邪魔しない配置
  • 使いやすい形状や向き
  • 視線が集まるポイント
  • 見える収納か、見えない収納か

収納グッズ

収納グッズは、最後に決めます。

紙袋や空き箱を使用し、仮置き。

しばらくの間、使い勝手をみて必要なサイズを割り出します。

素材や見た目等が日々のストレスにつながりますので、安易に妥協するのはやめましょう。

終わりに

生活のしやすさを目指す、人の動きを減らす収納の考え方、いかがでしたでしょうか?

ポイントは「家」をみることにあります。

お住まいの「家」をチェックして、家の中で人がどう動いているかを見て、「モノを置いてはいけない場所」を特定してみてくださいね!

チェックして欲しい!という方は

お片付けで人生変わる?
お片付けで人生変わる? ――はい、変わります。人生変えるお片付け。始めませんか?

 

モノの置き場所や置き方の決め方は、こちらの記事もどうぞ。

他の記事も読む

「後でやろう」がなくなるゼロ距離収納
もっと家のことを知ろう!~たかが一歩、されど一歩~
片付けられる人と 片付けられない人の 違いってなに?
「使う場所=しまう場所」ゼロ距離収納のつくりかた
見えないと忘れるから隠す収納は無理?
タイトルとURLをコピーしました