時間の使い方と習慣の変え方

前提として

1日24時間、何もしていない時間は存在しません。
意識していようが、してなかろうが、必ず何かをしています。

何もしていない時間はありません。

「新しいこと」をねじこもうとしてもうまくいきません。

「いまやっていること」を書き換える

挿入ではなく上書きなのです。

日頃どんな時間の使い方をしているかを「見える化」する。

これで上書きが簡単になるのです。

目的は?

まずは目的をハッキリとさせておきましょう。

何が嫌で、時間の使い方を変えたいと思いましたか?

時間を「見える化」する

  • STEP1
    記録する
    「何をしたか」を記録します。
    目的は「いまどんな感じ」の毎日を過ごしているかを把握することです。
    ダイエット前の体重測定、借金返済前の借金総額チェックのように「Before」を特定します。
  • STEP2
    探す
    「いまやっていること」で「新しいこと」と置き換えられそうなものを探します。
    *睡眠・食事・余暇を削るのはオススメしません。特に睡眠。
    「なんでもないようなことが、幸せだった!」というのはよくある話。
  • STEP3
    試す
    「新しいこと」と置き換えてテストします
  • STEP4
    改善
    ストレスなく動けるようなら採用、ストレスを感じるようであればまた別の「新しいこと」を考えます
  • STEP5
    繰り返す
    ストレスを感じない「新しいこと」が見つかるまで1~4をくり返します

「いまやっている習慣」を記録する

「いまやっている習慣」を把握するために記録をします。

記録には、自分が把握しやすいグラフを使用します。

何がいいかは試してみないとわかりません。

無料で試せるものをなんでも試してみましょう。

代表的な形

  • デイリー円
  • 週間バーチカル(日付が横軸、時間が縦軸)
  • 週間ホリゾンタル(日付が縦、時間が横+メモスペース)

デイリー円

 

週間バーチカル(日付が横軸、時間が縦軸)

週間ホリゾンタル(日付が縦、時間が横+メモスペース)

 

 

タイトルとURLをコピーしました