前者後者論自分を知る

こだわりが強いので主張は激しいが主体性はない

ども!
時間🕒と空間🏡の片付けのプロ
ライフオーガナイザー®オオノです。

いつどこで誰がつぶやいた言葉だったか、果たしてTweetだったのかも忘れてしまったのですが

発達障害の人たちはこだわりが強いので主張が激しい。そんなに自分の意見が言えるとはたいしたものだと仕事を任せてみると、主体性がないので立ち行かなくなる。

みたいな言葉を読んだんですよ。

「私のことかー!」と思いました。

こだわりが強いから「違う!」ってのには過敏に反応するんですよ。
んで、「違う!」と思ったことをそのまんま「違う!」と口に出してしまうんですね。

フツーの人たちなら、ここで「違う!」と言ってしまうとどうなるか、後先考えて発言するシチュエーションだろうと関係なく思ったことをそのまんま言ってしまいます。

「自分の発言が相手や場にどんな影響を及ぼすかを想定せずに話す」と、世間では「自分の意見をハッキリ言える人」と評価されることがあります。

物怖じせずに「自分の意見をハッキリ言える人」というのは、フツーの人ではありません。「主体性がある人」「やる気がある人」と見られるようです。

ただ単に嫌だなと反応しただけなのに、なんらかの意図があると思われて仕事を任される……。
困りますね(´-﹏-`;)

どうしてこうなっちゃうのか。

世界の観方が違うんですね。

前者後者とも通じますが、

アロセントリック座標の人たちは「自分を入れずに世界を観る」とか「自分も他人と同じ1つの駒として考える」といった「客観視」が得意です。

対してエゴセントリック座標の人たちは、自分の感覚や感情といった「主観」をキャッチするのが得意です。だから「こだわりが強い」と言われるのです。

えっと……ここまでが前置きです(長いw

反応してるだけでは変わらない

現状を「嫌だ」「変わりたい」「変えたい」と反応するのは簡単です。
でも「じゃあどう変える?」と主体的に行動しないと、何も変わりません。
でも……主体的に行動するには自分なりの答えが必要
でも、それがなかなか見つけられない。
だから、

どうしたらいいですか?

って聞くんだけど、こだわりが強いから、返ってきたアドバイスをそのまんま実行するのが難しい

〇〇を□□すればいいですよ!

う……

アドバイス求めても、やらない。となると相手に嫌われる。

この繰り返しで、そのうち他人に相談できなくなる😅

  • 自分で考えない
  • アドバイス試さない

何も考えず、何も試さない。
これじゃ、自分にピッタリ合う方法なんていつまでたっても見つけられないわけです。

でも、こだわりは強いから嫌なものは嫌。
でも「こうするんだ!」という強い気持ちもない。
目標に向かってまっしぐらになれるような主体性がない

そんな自分でもなんとかしたい!

そう思ってオオノがやってるのは次の3つです。

主体性がないなりの動き方をする

「これがいい!」は選べないけど「これは嫌!」はハッキリしてる。

この特性を活かします

嫌なことを避けるために動く。

得たいもののためには動けなくても、避けたいもののためになら案外さくっと動けます。

リアリティある方が動けるんです。

片付いた部屋・キレイな部屋のために片付けはできませんでした。
紙に虫がわくのは嫌だ・片付けなくちゃと考えてどんよりする1日は嫌だ!で小さい片付けができました。

さっさとやりたいことやる

私たちの理想って

やりたいことを
やりたいようにやって
うまくいく

だと思うんですね。だから、まず始めにさっさとやりたいことやっちゃう。

やりたいことを
やりたいように
やりきる

うまくいけばラッキー。でも、たいていは失敗します。

失敗するだろうと予測している。だからやらない。
でも、やってみないとわからないよね。心の奥底で思ってる。だからいつまでも自己流を諦めきれない。

そこで、さっさとやりたいことをやりたいようにやりきる。
やりきるとなんかうまくいくこともあるし、失敗したら失敗したで次のステージが始まる。

自己流でダメだーと諦めてから、他人のアドバイスに耳を傾ける。

「みんな同じこと言う」は試す価値あり

自力じゃ無理だ、お手上げだーとなったら、他人のアドバイスを受け入れる準備が整ったということ。

でも、どのアドバイスを採用すればいいのか。迷いますよね。
片付けひとつとっても色んな人がいろんなことを言います。

モノの整理から始めましょうと言う人もいれば、収納づくりから始めましょうと言う人もいる。
ときめくモノだけにしましょう、と言う人もいれば、使用頻度で分けるのが大事ですと言う人もいる。

やり方や手順は人の数だけあるわけです。

でも、全員共通して「〇〇しましょう」と言っていることがあります。必ずあります。探せば見つかります。
それは基礎中の基礎。避けては通れない必修の課題なのです。

  1. たくさんのアドバイスを集める
  2. 全員同じアドバイスだけピックアップする
  3. 必修と受け入れ、それだけやる

自分のやり方や手順をつくっていく。
そのために他人のアドバイスを試してみるっていう気持ちでいると、こだわりが強くても、いろんなやり方や手順を軽く試せるんじゃないかな~と思いますがいかがでしょうか?

おわりに

なんか長々と語っちゃったけど、一番伝えたかったのは「自分の特性を活かそうぜ!」ってことです😀
自分のこと、他人のこと、違いや同じ。そういうの、知れば知るほど自分に合う行動を選べるし、愚痴や不満とおさらばできて、楽に生きられるよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました