言葉にできる自分なんて、ほんの一部分。カスみたいもん。

片付けの楽しさといえば、知らなかった自分を発掘すること!

ども、ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

家庭環境がハードモードの同級生が多い小学校に通っていました。

そんな状況でしたから「私は恵まれている」と親に対しての不満を抑え込んでいました。

でも、ある日気付いたんです。

小4くらいかな。

「私が私の不満を無視したら、この不満はないものになっちゃうんじゃない?」と。

自分の感情を自分で軽んじたり、ないものにしたり、ましてや否定したら、湧き上がった感情は歪んで違うものになっちゃう。

私の感情は、私のもの。

他人と比較して変化させてはいけない。

湧き上がった感情そのまんまを、自分だけでも大事にしよう。

小学生の頃からずっと自分に素直に正直に嘘偽りなく生きてきたはずなのに!!

NO!と言える女だったのに。

知らない自分、いっぱいいました(笑)

NO!というのはとっても簡単なことだった。

言葉にできる自分なんて、ほんの一部分。カスみたいもんだった。

家の中のモノと向き合った時に、知らない自分をいっぱい発掘した。

発見ていうよりは、発掘。

あー、そうだった、そうだった。私ってば○○だった。

気付くんじゃなくて、

あ、そういうことかーと納得する感じ。

モノと向き合って自分発掘コース(仮)やるかー。

部屋は片付けない。

モノについて語ってもらったり、分けてみたりして、自分がしてきた行動を言葉にする感じかな。

まだ私自身もわからない。

モニターになってもいいよ、という方はご連絡ください。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)