■お申し込みはここをクリック!■

「できない」悔しさが消える時

メールをいただいた。

Sさん、ありがとうございます。私も勝手に引用させていただきました( *´艸`)

「できない」から出発して、物事を掘り下げていくオオノさんの思考方法が、とても好きです。

ここ最近というか、ずっとずっと感じていたもやもやがスコーンと晴れた。

片付け業界もそうだけれど、支援業界は決まってこういう。

「できない時は頼ろう」

 

では問題です。

「自転車に乗れないのが悔しい。乗れるようになりたい」

このセリフを小学1年生が言ったらあなたはどうしますか?

「よし、練習しよっか。がんばろう!」と言うのではないだろうか。

 

では、80歳のお年寄りが言った場合は?

小学1年生の下半身不随の子が言ったら?

なんて答える?

 

私は、相手次第で返事を変えるだろうなと思った。

そんな自分がつまらない。とも思った。

 

できないことが悔しい。

そう思うことは実は少ない。

 

自分でできなくて悔しい。できるようになりたい。

そう思うなら、

あぁ、もう無理だ!やるだけやったけど、もう無理だ!!

ってところまで自分でやればいい。

「できない」悔しさが消えるのは、すべてをやり尽くした時だけだから。

 

私はあきらめない。

だって、

「できない」が「できた!」って、最高に嬉しいもの。

「自転車に乗れないのが悔しい。乗れるようになりたい」

どんな相手にも

「よし、練習しよっか。がんばろう!」とすぐ言える自分になりたい。

 

最近になってやっとわかった。

「できない」ことがツライんじゃない。

できるようになりたいという気持ちを、受け止めてもらえないことがツライんだ。

練習しよう。

工夫しよう。

もう無理!ってところまで、やり尽くそう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました