│7月・8月の空き状況はこちら!│7/19★new★

片付ける時は意識がある。日常生活は無意識に動いている。だから、元に戻せない。

ADHD・ADHDタイプの片付けが失敗する最大の理由は、

片付ける時は意識があるのに、日常生活は無意識に動いていること。

気がかりなことがあると、頭の中はそれ一色。
気がかりなことで埋め尽くされてしまいます。

full-glass-1491189-640x480

日常の片付けで、頭が働かないADHD・ADHDタイプは、
体の動きを重視してオーガナイズする必要があります。

いくら考えに考え抜いて片付く仕組みをつくっても、
どんなにうっとりするような決め事をつくっても、
いざ片付ける時になったら、忘れてしまう。

目線を横にずらしただけで、ワンアクション。

それがADHD・ADHDタイプです。

ぼーーーーっとして、
何かに気を取られて、
目の前のことが入ってこない。

それでも、片付く仕組みを。
片付けられる仕組みを。

 

揚げ物してることを忘れて、別のことに手を付けてしまう。

お湯を沸かしていたのに、忘れて空焚きしちゃった。

 

ADHD・ADHDタイプには当たり前です。

 

どんなに気をつけていたって、忘れます(´▽`*)

 

気をつけたら忘れない人たちと同じ片付け方をしたって、

できるわけがありません。

 

できる人たちの真似をして劣等感を育てるか、

己を見つめできる方法を模索するか。

 

私達はいつだって、選べるのです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました