問い合わせはこちら片付けで人生変わる?

汚部屋貯金は汚部屋そっくりになった

ADHDタイプのライフオーガナイザー®
オオノミエコ
です。

今日はお金の話です。

長い目で見れない

5年後、10年後の事まで考えようとすると、頭がボーッとしてしまうんです。

ADHDタイプの、そして汚部屋住人にありがちな「今ここ、この瞬間しかない」パワーとセルフイメージの曖昧さから来るものもあるんでしょうか。

  • なきゃないで不安になってパニクって一攫千金を目論む
  • あったらあったで舞い上がって使ってしまう

何か買いたいモノがある時は堅実に貯められるのですが、それ以外はからっきし。

金銭感覚も鈍けりゃ、時間感覚も鈍い。

そんなわけで、我が家の貯蓄は夫の担当で、私は生活費のみを担当しています。

 

なんとな~く、なんとな~く、ぼんやりと曖昧にしたまんまお金と付き合ってきました。

家計簿にチャレンジした時も、苦しくてつらくて無理でした。

家計簿をつけようと思った動機は『無駄を省いてお金貯めたい』でした。

 

でも、考えたんです。

「無駄を省く」と「お金を貯めたい」はセットにしなくていいよね。

「無駄を省く」ために、家計簿に記録して見直そうと思っていたけど、「お金を貯めたい」っていう気持ちが一番強いんじゃない?

もっと貯めることに意識を向けた方法でお金を管理したほうが私には合っているんじゃない?

 

そこでキッパリ家計簿やめました。

「汚部屋貯金」

とはいえ、貯蓄のすべてを夫に任せっきりでいいのかしら?と不安になり、こんな私でもできる貯金方法はないか探しました。

私の最大の特徴は、

見えないと忘れる

これ。

見えないと忘れるんで、貯金に回したことで生活費が苦しくなっても「ない」と認識します。

見えないんで、ないんです。

汚部屋体質は健在です!

てか、部屋はすぐに変えられても、私自身は変わってません。見えなきゃ忘れます。

  1. ないと思ってすぐ買う→汚部屋
  2. 家に帰って確認してから買う→普通部屋

この違いだけです。

この特徴を活かして、行った貯金方法がこれ。

  1. 1週間単位で予算を決める
  2. リセット日に、余っている現金を貯蓄袋に移す

以上!

簡単!

簡単!簡単!

……。

汚部屋貯金は汚部屋そっくりになった

見えないと忘れる特徴を活かして始めた貯金生活。

3年前に始めましたが、ある理由によりやめてしまいました。

 

その理由がこれ↓

汚部屋貯金

そう。

小銭だらけ!

週ごとの予算の余りというと、ほとんどが小銭なのです。

小銭を貯蓄袋に移しても見えないと忘れますので、両替せずにそのまんま。

ある日、袋を持ち上げて気付いたのです。

 

これ、どうすりゃいいの?

汚部屋貯金

これ、一体いくらあるの?

汚部屋貯金

ゥ──σ(・´ω・`;)──ン

ゥ──σ(・´ω・`;)──ン

とりあえず、しまっておこう!

見えないと忘れるスキル発動!!

先延ばし全開で、棚の奥にしまいこみ、目をそらし続けて2年ちょっと過ぎました。

貯めこむだけ貯めこんで、使えない。

汚部屋そっくり汚部屋貯金( ;∀;)

汚部屋貯金

 

いい加減、片付けます!

待て、続報!

タイトルとURLをコピーしました