負け癖がついてませんか?目標は「勝つか、逃げるか」で設定しよう

ども!ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

ご訪問ありがとうございます。

ファクトフルネスという言葉をご存知ですか?

私は、1時間前に知りました(笑)

ファクトフルネスとは、事実に基づいて世界を観ようという意味の造語です。

先入観や思い込みによって、私達は現実を正しく認識できませんからね。

アメブロでライフログを公開するようになって7日目。自分がいかに思い込みで動いているかを痛感しております。テレビ見まくり、ゲームばっかり(泣)

昨日もテレビを見ながらゲームをしていたわけですが、以前アップしたこちらの記事↓と

同じような内容が昨日の初耳学で放送されていました。

高学歴ニートに1時間の本気授業!途中からでしたが、面白かったです。

林先生は「やりたいことよりできること」派なんですよね。

でもそれって、やりたいことやって失敗したっていう経験があった上でのこと。

やりたいことがあるなら、やったほうがいいですよ。

思う存分やりたいことやったら、失敗してもスッキリして次に進めますから。

「やりたいことして生きていきたい」って言って何も行動しない人って、本音は「やりたいことして(成功して)生きていきたい」なんだよね。

お金になりそうかな? イイねって言ってもらえそうかな?っていう値踏みをする。

「やりたいことして生きていきたいんです」って言ってるだけで何も動きはじめてない人は、「できること」で成功しましょう。気持ちいいですよ。努力しないでも評価されちゃうんですから、できることって。簡単にお金になります。お金があると安心が増えます。お金があると自分を評価されてるって勘違いできますから、自信も増えます。仕事のストレスないですよ、簡単にできますから。林先生が好例です。

ライスワークとライフワークの複業体制でいくってのもいいですよ。

私も複業といえば複業か。

ライスワーク(主婦)とライフワーク(ライフオーガナイザー)うん、がんばろう。

前置きが長くなりました。

本題は、この番組で林先生がインタビューした現在大学で学んでいる欽ちゃん、萩本欽一さんの言葉。

「人間、負けると負け癖がつくのよ。負けてもいいって自分に都合のいい解釈しちゃう。負けるぐらいなら逃げる。『勝つか、逃げるか』でいいの」

「勝つか、逃げるか」

負け癖がつくから「勝つか、逃げるか」でいい。勝てない時は逃げる。

すごくよくわかる。

汚部屋住人だった頃はできもしない高い目標を掲げていつも失敗。常に負けてた。

完全に負け癖がついていた。

どのくらい負け癖がついていたかというと、

  • 何かを始めようとしても「でも」「どうせ」「無理」「無駄」と何もせずに諦める
  • 「○○するには□□すべきだ」というガチガチ思考
  • 芸能人や有名人のゴシップや炎上ネタを追いかける
  • 日々反省、日々猛省、日々昼寝、日々先延ばし

こ、これ以上はやめようか。

過去の自分を叩いても勝てない。逃げ逃げ!

負け癖がつく。ほんとよくわかる。

そして負け癖を消していくのは、勝ち癖なのも知っている。

「汚部屋脱出」と「100日チャレンジ」が長年染み付いた私の負け癖を消し、勝ち癖をつけてくれた。

100日チャレンジが続くのは、必ず達成できるノルマを設定することで毎日勝つからだ。

勝つと楽しい、毎日気持ちいい!だから続く。

できそうにないことは最初からやらない。逃げる。

とってもシンプル。

うん。100日チャレンジだけでなく、日々のやることも「勝つか、逃げるか」で設定してみようかな。

やることが多い日は朝にリストアップするんだけど、結局「できなかった」で終わっちゃって嫌になったんだよね。

必ずできることしかやらないリストにしよう。これで絶対勝てる(´▽`*)

できるかできないかわからなかったら翌日以降に回そう。逃げ逃げ。

皆さんは、負け癖ついてませんか?

全力で逃げましょう!

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)