モノを整理する

多すぎるモノには「不」が隠れている

ども!
時間🕒と空間🏡の片付けのプロ
ライフオーガナイザー®オオノです。

多すぎるモノと向き合うと、自分の「不」が見えてきます。

「好き+使いやすい」がわからない:不明

好きなモノってたくさんありませんか?

私は文房具が好きです。
どんなペンが好きでよく使っているのか。自分の「好き+使いやすい」を知るまでは、手当り次第に買っていました。

文房具は単価が安いし「道具」です。そのせいもあって、買うことへの後ろめたさが少なく衝動買いしてたんですね。好きなモノがたくさんあると嬉しいから。

でも、好きだからこそ「タンスの肥やし」状態で死蔵してしまっていることが申し訳なく、増えれば増えるほど気が重くなっていたのも事実です。

自分の好みを把握できてからは「好き+使いやすい」ペンだけに厳選しています。

自分にとって必要なペンはそろっているという充足感。これがあるとモノは増殖しません。

自力で解決できない:不安

不得意な事に関連するモノ・自信のない事にまつわるモノも、増えやすいです。

片付けられないとお悩みの方の家にはたくさんの片付け本があります。
掃除が嫌いだとおっしゃる方の家には、いろんな洗剤と掃除グッズが大量にストックされています。

不安な心をモノが一時的になぐさめてくれるからです。

一時的に、ですから根本的な解決にはなりません。不得意さや自信のなさを解消するために行動しない限り、モノは増え続けます。

対処せずに、不安のままにモノを増やせば増やすほど、ますます自信がなくなります。

「こんなに買ったのに全然成長してない……」と思うのはつらいものです。

自力で解決できるという自信があれば、モノに頼る必要はなくなります。

失いたくない:不快

すぐには手に入らない。そんな希少価値の高いモノも増えがちです。
また、希少なモノは必要以上に欲しくなるもの

  • 近くのスーパーでは買えない、お気に入りのドレッシング
  • めったに出合えない、足にピッタリ合う靴
  • 〇〇でしか売っていない、限定品

ですが、ストック品で埋めつくされたスペースには新しいモノが入る余地がなくなってしまいます。

将来出合うモノのために空けておこうという先を見通す力があると、モノで空間をいっぱいにする事はなくなります。

備えあれば大丈夫!

心にある「不」をモノでまぎらわせていても堂々巡り。根本的な解決にはつながりません。

多すぎるモノと向き合うと、自分の「不」が見えてきます。

見えてしまうと言ったほうが正しいでしょうか。

自分の「不」を直視するのはつらいことです。

でも、「不」と向き合うことで「不」を解消できる。必要をそろえられる。
結果、少ないものでも大丈夫になる。いまよりずっと身軽になれる

片付けって、部屋が片付くだけじゃないんです。
自分を知ることができる。自分のために行動できる。
これこそが片付けの醍醐味だ!と私は思うのですが、あなたはどう思いますか?

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました