捨てる理由「もう吸収し終わった」

謎なタイトルつけちゃいました(笑)

ども!
さいたま市のライフオーガナイザー®
オオノミエコです。

先日、服をリサイクルゴミに出しました。

その時の選別基準が「この服は、もう吸収し終わった」というものだったんですね。

言葉にすると変なんだけど(笑)

経験ありませんか?

買って、着て、洗って、また着て……を繰り返して、なーんにも感じなくなった服。

その服を手に取った時、真顔になっちゃう。

未来を一緒に過ごしてるイメージがわかない。

もう、その服を着てる未来は違うな~というズレ感。

今回はこの感覚に従って捨てるというチャレンジをしました。

でも、捨てても何も感じなかったんです。

ということはですよ?

私の中ではもうとっくにサヨナラしてた服たちだったんですね。頭はごちゃごちゃと理屈を後付けしたがってうるさいんですが(笑)

次は、こんなカッスカスの出がらし状態になる前に、サヨナラしようと思います。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました