■お申し込みはここをクリック!■

私が片付けられなかった理由(随時更新)

捨てなければならないと思っていたから

部屋が片付かないのはモノが多すぎるから。片付けられないのなら捨てなさい、減らしなさい。

このように教わった私は、多すぎる本を捨てよう・減らそうとしました。

そしていつも挫折します。だって、本が好きで好きで「足りない!もっと読みたい!」と思うくらいでしたから。

私が捨てるべきは、他人と比べて多すぎる本ではありませんでした。

気にもとめないような本以外のゴミとガラクタ。

日常をギスギスしたものに変えてしまうゴミと、あってもなくても私の生活にも人生にも影響を与えないようなガラクタを捨てなければならなかった。

決して、楽しい時間を与えてくれる本を捨てようとしてはいけなかった。

他人と比べて多すぎたとしても、親から「床が抜ける!」と怒られようと、私自身が足りないと感じていたのだから本は足りなかったのだ。

cat-on-books-1406468-640x480

何を捨てるかじゃない。

何を残して、何と一緒に暮らすかだ。

自分の部屋でくらい自由でいさせてよ!と思っていたから

いわゆる「いい子」をやっていた。

親や先生や同級生からしたら違うといわれるかもしれないけれど。

私としては、まわりの言う事を聞いていた「いい子」だったし「気が利く女」「いい女」を目指していた。

とにかくしんどかった。

他人の要求に従っているのに見返りが返ってこないし、時々思い通りになっても全然嬉しくないし、なんだか損してる。いつも我慢している。

そんな気がしていたから、自分の部屋でくらい好き勝手自由でいたかったし素の自分でいたかった。

だから、ぐっちゃぐちゃの汚部屋でも居心地が良かった。

逆だった。

bike-route-sign-2-1444064-638x615

部屋の外でリラックスを求め、部屋の中では秩序を保つ。

こちらのほうが幸せなのだ。

逆だったのだ。

 

 

片付けコラム我が家の片付け
お得情報はLINE公式アカウントで!

友だち追加

*配信頻度は低いです(月1あればいいほう)

クリック♪クリック♪クリック~♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ  

この記事を書いた人
オオノ ミエコ

頭の中から片付けるライフオーガナイザー®

慢性的に片付けられない女性の行動パターンや脳のクセに合わせた、崩れない収納づくりをお手伝いしています。
サポート実績300件以上。

元・汚部屋住人
捨てられない・片付けられない・やる気がないの三重苦
ゴミを捨てるのもめんどくさい……
ところから
⇛3ヶ月で汚部屋脱出大成功✨

♠趣味、習慣チェンジ・依存克服
♣週1ヨガは7年目
❤スピ好き・占い好きの楽観的な現実主義者
♦ゲームを攻略するように、人生も楽しく攻略・攻略♪
オオノの欲しいモノリスト

もっと知りたい方はこちらをどうぞ!

かたづけーる.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました