終わりがない片付けと終わりがある片付け

「片付けを終わらせましょう!」というフレーズを聞いて「片付けに終りがあるの?」と疑問に思ったことはありませんか?

ども!

ADHDタイプのライフオーガナイザー®
オオノミエコ
です。

はい。

片付けには、終わりがない片付けと終わりがある片付けの2種類あるんです。

終わりがない片付けとは、整頓・掃除・後片付けといった片付け習慣のことです。

  • 整頓…モノをきれいにそろえること、並べること
  • 掃除…ホコリや汚れをとりのぞくこと
  • 後片付け…使ったモノを元の場所に戻すこと

こちらには終わりがありません。

終わりがある片付けとは、収納・モノの整理・思考の整理といった片付く仕組みづくりのことです。

  • 収納…モノの置き場所や置き方を決めて、その通りにすること
  • モノの整理…必要なモノと不要なモノを見極めて、必要なモノは残す、不要なモノは処分すること
  • 思考の整理…どんな部屋にするのか、どんな暮らしにしたいのかといった方針を決定することや、本当にやりたいことはなんだろう、本当はやりたくないことってなんだろうといった、望みを明らかにすること

こちらは大きなライフスタイルの変化がない限り、5年、10年と同じ仕組みでいけます。なので、終わりがあります。

ひとくちに片付けといってもまったく違うんですね~。

明日は、片付けを外注する場合、終わりがない片付けと終わりがある片付けでは違うよ~。かかるお金も違うよ~。という話をします。

待てない!という方は動画をご覧ください。

最後までお読みくださりありがとうございました!

では、また。(^-^)/
オオノでした。

タイトルとURLをコピーしました