はじめての方へ

「捨てる片付け」が苦手な人は「使う場所=しまう場所」のゼロ距離収納づくりから始めよう

この記事は約3分で読めます。

ADHDタイプで元・汚部屋住人
ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

「片付けたい」→「でも捨てられない」→「片付けられない!」のループにハマってませんか?

なかなか捨てられず、捨てなくちゃ!の呪縛に苦しんでませんか?

片付けたいのに、前に進めず、途方に暮れていませんか?

捨てるだけが、片付けじゃない!

捨てようかどうしようか迷っている。
なかなか決められない。

そんなお客様にオオノがいつも言うのは

「捨てられないなら捨てなくていいですよ」
「迷ったモノは全部残しましょう」

です。なぜって、

迷う時間がもったいないからです。
できないことで自分を責める時間は、もっともったいないからです。

モノを捨てる基準をゆるめる。
できる事から始めましょう。

捨てなくてもできる片付け……それは収納づくりです。

収納づくりとは、モノの置き場所や置き方を決めるということ。

収納づくりは目的によって難しさが変わり。

オシャレな収納というのは、人それぞれの美意識によって決まります。これ!といった正解や違う!という不正解はありません。何が正解か、何が間違いかを自分で決める必要があります。

家具やインテリアのために、不便さを我慢することも時に必要です。好きでなければ続きません。インテリアが好き、大好きな家具屋さんがあるという人以外は難しいのです。

出したり戻したりが楽な収納も、個人個人で異なる部分はあります。「こうしなさい!」という唯一無二の正解は存在しません。

しかし、出したり戻したりが楽な収納には共通点があります。

それは体の動きと移動が少ないということです。

そこで導き出された基本ルールが

「使う場所=しまう場所」

ポイントはこの1つだけです。

以上!

がんばってください!

 

だと困っちゃうので(笑)
表にまとめました。

「使う場所=しまう場所」ゼロ距離収納

例えば、テレビのリモコン。

「リモコンはどこで使いますか?」
 ⇛テレビを見る時に座っている場所

「使う場所=しまう場所」ですから、テレビを見る時に座っている場所しまう場所です。

最初はざっくり「使う場所=しまう場所」モノの置き場所を決め、移動させればOK。

ざっくりとおおまかに部屋全体を整えましょう。

「使う場所=しまう場所」大体できたら。

次は、モノの使用頻度置き場所置き方を決めます。

「リモコンを使う頻度はどのくらいですか?」
⇛毎日

毎日使うモノですから、テレビを見る時に座っている場所から、一歩も動かずに手が届く場所に、すぐ使えるように出しっぱなしで収納する。

これで「出したり戻したりが楽な収納」の完成です!!

クイズみたいで楽しいですよ♪

「使う場所=しまう場所」に置きたくないなぁ~というモノはどこに置けばいいのかわからないを参考にしてください。

「捨てる片付け」に縛られて、動けなくなってる人を減らしたい!という思いから、ノウハウまるっと公開しました!
もし、捨てられなくて……悩んでいるお友達やご家族がいたら、助けてあげてくださいね!

最後までお読みくださりありがとうございました!

では、また。(^-^)/
オオノでした。

やってみたけどうまくいかない?こんな時はどうすればいいの?と迷った時はお気軽に!

ご質問・ご相談 大歓迎!

LINEの読者限定で、無料にてご質問やご相談にお答えしています。
↓お友だち登録はこちらから↓
友だち追加

 

捨ててスッキリしたい方はこちらもどうぞ!

「捨てる片付け」について
「捨てる片付け」とは、こんまりさんのときめきお片付けメソッドややましたひでこさんの断捨離が代表的で、主なコンセプトは ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました