│6月・7月の空き状況はこちら!│6/23更新

【収集・分類】どうやって「分ける」の?

頭の中から片付けるライフオーガナイザー®オオノミエコです。 どうも!(^-^)/

これ1枚で 片付けの流れがわかる? ”片付け今どこマップ”解説!

今回は「分ける」の3回目。

はい!それでは前回までのおさらい。

なぜ「分ける」の?

シンプルにして、わかりやすくするためです。

詳しくは、前々回の記事をご覧ください。

「分ける」って?

片付けにおいて

「分ける」とは、

  • 違うものを別々にする
  • 同じものを一緒にする

です。

何を基準に「分ける」の?

ポピュラー&失敗しやすい基準

  • いる or いらない
  • 残す or 捨てる

一般的な片付けのプロ基準

  • 使っている or 使ってない or 今後必ず使う

*今後必ず使うとは、ストックのこと。

詳しくは、前回の記事をご覧ください。

基準に当てはまらない時はどうすればいいの?

職場の同僚を「味方」「中立」「敵」の3つのグループに分けていたあなたの部署に、超絶口の軽い新入社員のAさんが配属されてきました。

そのおしゃべり具合が「味方」に入れるには危なっかしく、「敵」というには無邪気すぎ。
「中立」かというと、そこまで深く考えているのかどうかなんだか読めない。

「味方」かな?「中立」かな?それとも「敵」かな……。

いくら考えても答えが出ません。

こんな場合どうするか。

というところで前回終わりました。

おさらいだけで長くなったので、さくっと解答に移りましょう。

既存の基準に当てはまらなかったらどうするか。

基準を新しくする

今までの基準で「分ける」ことができなかったら、基準を新しくしましょう。

増やす

これが一番簡単です。

基準を新しく追加します。

「要注意人物」とか「困ったちゃん」とかなんでもいいです。

「味方」「中立」「敵」に加え、第4の基準「要注意人物」ですね。

当てはまらないのに無理に入れようとするから悩むんですね。新設、新設!

料理のジャンルが「和食」「洋食」「中華」だけでなく「イタリアン」「エスニック」「メキシカン」とどんどん増えていったように。

しっくりくる線引きをしましょう。

増やすことで対応できるならOKOK。

増え過ぎちゃって困る!細かく分けすぎて逆にわけわかんない!
となったら、基準を作り直しましょう。

再構築

イチから作り直しです。

おすすめのやり方を動画にしました。見づらい点が多いですがご覧ください。

  1. モノの山から1つ取る
  2. モノの山からもう1つ取る
  3. 同じか違うかで「分ける」
  4. 繰り返す
  5. ある程度分けた所で、何基準で分けてるかを言葉にする

最大のポイントは、

自分の感覚で「分ける」

です。

頭で考えずにまず「分ける」。

分け始めてから、何基準で分けてるんだろう?と考える。

いつもの逆をやりましょう。繰り返します。

  1. モノの山から1つ取る
  2. モノの山からもう1つ取る
  3. 同じか違うかで「分ける」
  4. 繰り返す
  5. ある程度分けた所で、何基準で分けてるかを言葉にする

最大のポイントは、

自分の感覚で「分ける」

です。

今日はここ辺で。

では、また。(^-^)/
オオノミエコでした。

この「分ける」というステップ。
非常に大事ですので、ちょっとでもわからない部分があったらコメントやメッセージ、LINE@のトーク等で質問くださいね。

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました