【お客様の感想】「うまくやらないとまた失敗する」と思っていたことに気づきました

ADHD傾向があり、ずっと片付けが苦手だったというMさんから、おうちオーガナイズの感想をいただきました! Mさん、ありがとうございまーすヽ(=´▽`=)ノ

Mさんは、春にお引っ越しをされて以降、

  • 生活しづらい(必要なモノが見つけられない)
  • リラックスできない(個人の空間がない)

仕事や子育てに加え片付いていない事でストレスが増え、いっぱいいっぱいの状態になってしまいました。

Mさんは、

お片付けが得意と言われる左左脳タイプ。
シールを使った簡単なお片付けワークで、迷いなく素早く判断・決断されるMさま。
やりたいことも明確かつ現実的です。

これはもう間違いなく「片付けが得意」な方です。

ところがMさん自身は、片付けが苦手だと思いこんでいらっしゃる。
ここは後者タイプあるあるですね。

Mさんが苦手なのは、世間一般の片付け術に自分を合わせること。

片付け自体は本来得意だし、自分なりのコツさえつかめばやみつきになりそうな気配がぷんぷんします。

片付けに対する苦手意識をとりのぞき、本来お持ちのクリエイティビティを活かすには、

「目的をハッキリさせ、自分で・やりたいことを・やりたいように・やりたいだけ・やる」

これが大事です。

Mさんには片付ける時間やタイミングなど最小限の提案をし、後日メールでADHDあるあるの「優先順位を付けるのが苦手」な点についてサポートしました。

 
オオノミエコさま
 
ありがとうございます。
メールいただいて、自分が「完璧に片付けないとリバウンドする」「うまくやらないとまた失敗する」と思っていたことに気づきました。
 
目的に対しては最短距離で、理想のお部屋にするためには気長に、で良いんですね!
気が楽になりました。
 
今日また少し書類を片付けて、いらない・いるに分け、2箱を1箱にまとめました(^^)
ついでに「その他」ゾーンの段ボールで中身が曖昧なものを開けて、振り分けたりしました。
引っ越しそのままだったので、段ボールも中身スカスカだったりして、中を出して箱を捨てるだけでも部屋全体がすっきりしてきました!
オオノさんの図にあった、家の外に出せるものは出す…というのはこういうことなのかな?(捨てるものから捨てる?)とも。
 
椅子もとりあえず置けて、リラックス空間はばっちり確保できました。嬉しいです。
やってみたいインテリアもあるので、妄想を膨らませています(^^)
 
洋服ダンスがないので、服が意外と難関かも?と思えてきました。
いまは部屋のドアを開けたところにもりもりと積んでいます…。
とりあえず浴衣だけ別の部屋の押入れに移すことにしました。
書類が終わったら、服に手をつけるか検討してみようと思います。
メールでアドバイスいただけてとても助かりました。ありがとうございました!

リラックス空間の確保を優先したのは、Mさんが非常に疲れていらっしゃったからです。

ADHD傾向があると、肉体的な疲れや外部の影響になかなか気付けません。

冬は日照時間が少なく、また気温が下がります。

その影響を受け、このままではMさんがひどいうつ状態になるのでは?と少し心配しておりました。

仕事では好き勝手に動くことは難しいでしょうが、片付けというプライベートでは好き勝手にやりたい事をやりたいようにやっちゃってください。

Mさん、ご自分を見くびってはいけませんよ!

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


■お知らせ■

■03/15(木) 10:30~12:30 お茶会@大宮

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)