【お客様の感想】主婦って言われるのが嫌

ども!ライフオーガナイザー®オオノミエコです。

「モノと向き合って自分発掘コース(仮)」の感想をあっこさんがブログに書いてくれました!

写真家として、写真から自分が分かるよーって伝えているので
自分が手にしているモノの扱い方、そして、モノ自体から、自分がわかっちゃう?!って

おもしろい〜

募集がかかって、速攻、モニターを申し込みました。

まったくのビジョンなし!
お宅にお邪魔し、雑談しながらその場のノリだけで決めていく
「モノと向き合って自分発掘コース(仮)」。

今回は……

まずはおしゃべり♪

お部屋に案内してもらってみるとすごく片付いてます。
そう。
あっこさんは後者ですが、ご主人が前者。(→前者後者とは
ご夫婦どちらかに前者がいると整頓された部屋になります。
見ればわかります。

旦那さんって結構片づけてくれるのです。
私が溜め込む
書類・ゴミ・ダンボール・ビン・缶・ペットボトル・雑誌類
大物になりがちなものを溜め込んでいると、ゴミ収集場へ持って行ってくれる。

(´ェ`)ン-・・
前者って表に出ているモノの片付け、整頓は上手なんですよね。
ごちゃつき=ストレスだから。
でも、しまってあるモノは目につかないからあまり片付けない。
さらに、後者が片付けられるような仕組みづくりができないから、ずっと「片付けて」って言い続けることに……。
ヒロミは伊代ちゃんが片付けられる収納を造れるか!?

あっこさんは、片付けは苦手だし、面倒だし。って言うけれど、部屋の状態を見るとそこまで苦手じゃなさそうだな~と。
まぁ、でも今回はモノについて語ってもらったり、分けてみたりして、自分がしてきた行動を言葉にする感じでいくので私の第一印象などはあえて封印。お口チャックです!

パッと目に入ったダイニングテーブル上の「書類」で、あっこさんを発掘!発掘!

書類を分ける

実は。
始める前は「書類」であっこさんのことがわかるのか?と内心疑問でした。
「書類」に個人的な思い入れなんてあるのか?と。

いやはや、ビックリ。
すごーく見えてきましたよ。

たかが書類からわかっちゃったこと
・私は典型的後者
・結構、私、お母さんしてる
・どう片づいていたいかは、心地よさのみ
・旦那さんに負けたくない
・主婦って言われるのが嫌

いくつか解説!

モノと自分を結びつける

あっこさんの記事にも書いてありますが、まずは管理するヒト別に分けました。
誰がその書類の決定権を持つか、誰がその書類を管理するのか、ってな事です。

  1. あっこさん
  2. ご主人
  3. 息子さん
  4. 娘さん
  5. 夫婦

書類を起点に考えると「息子さん」の「学校」の「書類」で「保管」「期限」が「1年」とか、こうやたら細かいタグがついてしまいます。
誰が管理するのかだと答えはシンプルです。

後者の場合、興味がないモノ、好き好んでやっているわけではない事がらみのモノだと、自分との結びつきがゆるいんですよね。

嫌だな、めんどくさいな、できればやりたくないな関係のモノも、逃げたいので受け身で反応的になりがちです。

書類の山=私のモノ

と思って片づけにうんざりしていましたが
書類を分けると、私の分は、ほんの数枚

そうなんです!
あっこさん本人の書類、少ない!
分ける前の説明ではダイニングテーブルの上の書類はぜーんぶあっこさんので、片付かないのはぜーーーーーーーーんぶあっこさんのせい、みたいな感じで話していたから。
びっくりですよ。

まぁ、でもこれ、後者の特徴なんですよね。
主観で見る自分が強くて、客観で見た自分が弱い。
空間認識・時間感覚のあいまいさともつながるんですが、意識が飛んだ状態で行動するので、自分が何をどのくらいやっているのか外側の世界から内側の世界へのフィードバックが薄い

内側の世界と外側の世界にズレが生じていると、物事が思うようにはいかなくなります。

やっていることや扱っているモノと自分の結びつきを強めましょう。

てことでー、
「主婦だと家族の分も気になってしまうよね」「お母さんやってるとつい家族に合わせてしまうよね」と指摘しましたが……

主婦やってるけど主婦嫌い?

・主婦って言われるのが嫌
これも、意味の無い抵抗だけど持ってる

「子供や旦那さんの分もこれだけ見ようとしているよね。
主婦だから仕方ないけど。」

「主婦も立派な仕事」

ミエコ氏から「主婦」って表現があって
実際、私も主婦なんだけど、
主婦って言われるの嫌なんだって気づいた。

これ一応補足しておこうかな。

家族ひとりひとりが自分の分の家事をそれぞれやると不経済。
まとめてやった方が効率がいい。
主婦・主夫は、家族の分の家事を自分の分と一緒にやってあげてる人のこと。

私は主婦・主夫をそう位置づけています。ただそれだけ。

私も主婦やってますが、「主婦のオオノミエコ」じゃなくて、「オオノミエコ」が主婦やってるってだけで、やめたくなったらいつでもやめられるもんだと思ってるんですね。

あっこさんでいうと、「主婦の山崎明子さん」でも「フォトグラファーの山崎明子さん」でもないんですよ。
「山崎明子」さんが主婦でフォトグラファーで妻で母で娘で、その他あれこれいろんな肩書きがある……なんですよ。

違いが伝わるかな?

「主婦」になろうとしたり「フォトグラファー」になろうとしたり「妻」をやったり「母」をがんばったり「娘」でいようとしたり、しなくていい。

あなたは「山崎明子」なんだから。

「山崎明子」が主婦をやるとどんな主婦になるのか。
「山崎明子」がフォトグラファーをやるとどんなフォトグラファーになるのか。
「山崎明子」が妻をやるとどんな妻になるのか。
「山崎明子」が母をやるとどんな母になるのか。
「山崎明子」が娘をやるとどんな娘になるのか。

決まってないんですよ。
自分で決めていいんですよ。

なにかになろうとしちゃダメです。
自分以外にはなれないんだから。

肩書きから連想する自分以外のなにかになろうとすると苦しいだけ。
後者というくくりすらあなたの一部分であって全体ではない。

「山崎明子」は前者後者で分けると後者に属する。
という感覚。伝わるかなぁ。

今、私があっこさんについてアレコレ書いていているけれど、その事ですら、
オオノミエコから見た山崎明子さん像
ってなだけなんだよね。

自分がどういう人間かを決められるのは自分だけです。

でも、自分がどういう人間か決めたからといって、外側の世界にいる他人が同意してくれるかどうかはまた別の話。

呼び捨て&名前連呼すんません!
でもって、私自身が稼ぎの少ない主婦だということをなんとも思ってないのでフォロー足りなかったですね。すんません!

モノを動かすのはヒト

ヒト別に分けた後は、あっこさんが管理する書類をさらに分けます。
(他の家族の書類は各自に任せます)

モノを動かすのはヒトです。
なので、あっこさんがいつどのように扱うのかで書類を分類しました。

  • アクティブ(直近に動きのあるもの)
  • 一時保管(期限までに余裕のあるもの)
  • 長期保管(年単位で保管する、気が済むまで保管するもの)

私が帰った後、あっこさんひとりで別の場所にしまっていた書類を分けたとのこと。

画像お借りしました。

やりたいことに集中しよう

あっこさんは片付けが得意なタイプです。
写真をやってることで空間認識も鍛えられているので、時間の感覚を少し鍛えれば一気に片付けのコツがつかめると思います。

それからこれは占いの結果も加味してなんだけど、あっこさんは家事や雑事をパターン化し安定させてしまったほうが意外とリラックスできるんじゃないかなと思います。型にはめちゃったほうが楽なんじゃないかな~。

型にはまらない自由な表現や創作活動のほうが実は苦手で、でも、だからこそ、写真や心屋系の活動は学び多きライフワークなのではないでしょうか。
嫌なことはちゃっちゃと片付けて、やりたいことにエネルギーを集中させましょうよ!

毎日の家事・雑務にエネルギーやアイデア・創造性を損なわれるのはもったいない。日々の家事は無意識(小脳)の海に沈めてしまえー!!です(笑)

気がかりなモノには自分が隠れている

今回やってみて片付いてない、気になってるモノにはやっぱり何かしらが隠れているなぁと感じました。

「一事が万事」という言葉がありますが、後者さんの片付けはまさにその通りですね。

あっこさん、モニターのご協力ありがとうございました!!

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)