変わりたいという願望とこのままでいたいという欲求

なぜ人は変わらないのか。

なぜあの人は変わらないのか。

いやいや、まってまって。

その前に、

なぜ私は変わらないのだろうか。

何かを変えたい。

強く願えば願うほど、ギリギリ奥歯を噛みしめる。

common-tern-1343931-639x425

変わりたい、変えたい。

具体的な方法やテクニックを知り、

自分自身のあり方や前提を書き換え、

実践し、

願望を現実にする。

ただそれだけなのに、

できる時とできない時がある。

できる人とできない人、ではないよ。

どんな人でも願望を現実にしている。

誰だって、いつからだって、人生変えられる。

人は変われる。変えることができる。

はずなのに。

片付けのプロになってみたら、

変わりたいんです!変えたいんです!

片付けて○○したいんです!

とプロに依頼をし、

実際に行動に移していながらも、

変えない・変わらない選択をする人が少なからずいた。

ずっと疑問だった。

変わりたい変わりたいと言いながら、変えない。

変えない理由をつけるために、ありとあらゆる原因を探す。

上から目線的に語ってるが、過去の私もそうだった。

だからこそ、ずっと疑問だった。

変わりたい変わりたいと言いながら、変えなかった過去の私。
変わりたいと思ったら、とりあえず変えてみる今の私。

何がきっかけだったんだろう。

で。

やっとわかった。

このままでいたい・今のままでいきたい

という気持ちは、単なる思考のパターンなんかじゃなく、

欲求レベルの強いものなのかもしれない。

そう仮定したら、腑に落ちた。

今のままでOK♪と満足している時ほど、変わる。

このままじゃダメ!と不満だらけな時ほど、変わらない。

そして、

多くの人がこのままじゃダメでしょ!と自分や他人を追い込むのは、

このままじゃダメ・今のままでは無理、八方ふさがり、もうどうにでもなれ\(^o^)/という時が、「底つき」が一番劇的に変わるからだろう。

「底つき」は、このままでいられない・今のままでいけないと悟った状態。

不快きわまりないことなのだから、一瞬でも早く「このままでいたい・今のままでいきたい」という欲求を満たすために行動する。

環境・習慣・時間やお金のつかい方を変え、自分を変える。

「底つき」を経験し、自分を変えてきた人は、

変わりたいな~と言う人を、親切心から追い込んでしまうのかもしれない。

「底つき」からの変化はドラマチックで刺激的だしね。

でも、自分を変えるのに「底つき」はいらない。

環境・習慣・時間やお金のつかい方をほんの少し変え続けることで、変われるのだから。

もっと楽にいこうぜ!

もっと楽しくいこうぜ!

片付け相談

ご予約フォーム

「欲求」と「願望」って、別のもの?

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


■お知らせ■

■03/15(木) 10:30~12:30 お茶会@大宮

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)