オオノミエコ プロフィール

オオノミエコ

ライフオーガナイザー® 
サーティファイドライフオーガナイザー(CLO)レベル1修了

従来の捨てる片付け術や美しい収納術が苦手な、片付けられない女性のためのオーダーメイドなお片付けレッスン&サポートを提供中。

埼玉県さいたま市在住
夫と二人、賃貸マンション暮らし
利き脳:右左タイプ、ADHDタイプ(未診断)、後者


オオノミエコは、一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会の正会員です。

ご挨拶

はじめまして。

片付けとは捨てることだと思い込んでいた私は36歳まで汚部屋住人でした。

自分の汚部屋画像いち

↑汚部屋@実家(床は撮影できないほど服まみれのけものみち。足で服を蹴り飛ばし、ときに踏みつけ圧縮しておりました……)

いつも何かに追われ、
いつも探しものをし、
いつもイライラし、
自信が持てず、
「死にたい」と「死ねばいいのに」を交互にくりかえし、

しょっちゅうやさぐれていました。

「どうすればいいんだろう」ばかりを気にして、自分が「どうしたいか」は無視していました。

私は片付けられない女。女失格。

セルフイメージは最悪でした。

そんな私でも結婚ができ、紆余曲折あり、する気がなかった式を嫌々ながらも挙げることに。

式の準備で放置した部屋は荒れまくり。

「片付けなきゃ」と感じ、様々な片付け術をネットで調べました。

調べている間は、片付けなくていい気がしていたからです。

ところがカレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)」を読み、ガラクタを溜め込むことの悪影響を知り、片付け熱に火がつきます。

また「捨てたくないなら捨てなくていい」「無意識の動きに合わせた片付けシステムを作る」ADHD向けの掃除しやすく片付けやすい部屋づくりメソッドと出合いました。

「捨てられない」

――無理やり捨てる必要はないんですよ。

「捨てたくない」

――いいんです、いいんです。ただし、分けましょう。

一般的に正しいやり方を、みんなと同じようにを、強制されないお片付け。

捨てなくてもいい、無理しなくていい。

今の自分でできることをやればいい。

どんな自分でいいよいいよ~♪OK~♪

こんな片付け方があるのかと、感動しました。

片付ければ片付けるほど自分の本心が見つかる。自分に素直になって、自分を大事にできる。

そんなお片付けと出合い、自分を好きになれました。

他人にイライラすることがなくなり、毎日が楽しくなりました。

家中ほとんどを片付けることに成功しました。

ところが。

何度やっても、どうやっても、洋服だけは片付けられませんでした。

困り果てた私は、ライフオーガナイズを学びます。

悩みをひとりでなんとかしようともがいた時には気付かなかった、自分に対する期待の高さに驚きました。
他の人と片付けについて話し、ライフオーガナイズを実践していくにつれ、自分を俯瞰できるようになりました。

頭の中のもやもや・心の中のじりじりを言葉にする。

自分を変えるのではなく、環境を変える。時間の使い方を変える。

根性論や精神論で片付けるのではなく、自分の癖や行動パターンを知って、道具や部屋の使い方を工夫し、生活しやすいようにセットし、毎日の家事や雑務をスムーズにこなしていく。

「言語化」「見える化」「仕組み化」と呼ばれるこれらの行動が、私の毎日をとっても楽にしてくれました。

ずっと「自分を変えなくては」と自己否定の連続でした。

それが、今の自分でできることを続けただけで、自分だけでなくすべての人にひとりひとりそれぞれの価値があると思えるようになりました。

みんなと違うというだけで、その価値を、その個性を、恥だと勘違いして、自分ではない他の誰かになろうとしている女性の多さに危機感を抱いています。

片付けられないのは、ダメだからでもだらしがないからでもなく、自分に合った片付けをやっていないからです。

もう好きじゃないから捨てる。

まだ未練があるから残す。

ありのままの自分に素直になれる喜び。

片付けられるようになっても、相変わらず失敗することが当然あるけれど、くよくよすることなく次のことを始められるようになりました。

気付いたら部屋は片付いています。

自分を知り、家族を知り、自分と家族にカチッとハマる片付けシステムをつくりましょう。

すぐに片付く、すぐ終わる。キレイが続くお片付け。

もっと楽に、もっと効果的に片付けて、自分らしさを取り戻しましょう!

フォローする