嫌いや苦手の奥にあるもの

ここ最近メンタルが安定してきました。

その結果、精神年齢と肉体年齢の釣り合いがとれてしまい、急に老け込んだ気分です。

ついこの間まで、30代前半くらいの気分でいたのに一気に40代前半へ。10才年をとりました。

意識は一瞬で変化します。

刻一刻と変化する意識を落ち着かせ、たやすくは壊れない目に見える形にする。

自信、安心、信頼、財産、技能、家族、友人、助けなどなど。

「片付いた部屋」も目に見える安心です。

たやすく変わらない物質的なものが嫌いで、苦手でした。

瞬間瞬間の喜びや苦痛、好き嫌いを重視して生きてきた前半生でした。

気持ち、感情、目に見えないスピリチュアルなものを優先してきたために、物質的なものにつまづき依存することが多かった。

バランスをとろうとしていたんでしょうね。

物質の安定性や連続性、持続している姿に価値を見いだせるようになり、その重さに心地よさを感じられるようになりました。

ようやく「時間」を受け容れられた気がします。

暴れる馬のような意識は、整った馬小屋で落ち着きを取り戻す。

落ち着きを取り戻した馬は、風を切って軽やかに走り抜ける。

「時間」は呪いや呪縛なんかじゃなかった。

サプライズな、贈り物だ!

ところで「時間」って、目に見えるものなのかしら? 目に見えないものなのかしら?

どっちかな~。

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)