うまくいっている時に考える事・うまくいかない時に考える事

片付けたのにまた汚部屋

痩せたのにあっという間に元通り

何度やってもリバウンドする人には共通点があります。

それは「手段が目的になっている」ということです。

片付けた時だけ片付く。日々の生活でキープできない片付けのための片付け。

ダイエットした時だけ痩せる。ダイエットのためのダイエット。

経験はありませんか?

当然、私はどちらも経験済みです。(`・∀・´)エッヘン!!

「片付けなきゃヤバイ」「痩せなきゃダメだ」って追い込まれた時しかやらないから、根本的に解決しようなんて思ったことありませんでした。

激ヤバの赤信号からちょいヤバの黄色信号にランクアップしたら、「もういっか~」ってやめちゃってました。

片付けて、片付いた部屋で毎日暮らす。

ダイエットして、身軽になった体で日々生活する。

片付けてる人・痩せてる人には当たり前の事が、全然イメージできてませんでした。

借金を返せればいい。借金がなくなったらそれでいい、みたいなもんですね。

お金の心配をせずにすむ、ゆとりのある暮らしを思い描けない、みたいな感じ。

こういう、うまくいかない時に考える事はただ1つ。

「なんのためにやっているのか」という目的の、理由

例えば、

なんのために片付けるの?

→_探し物するのが嫌_だから。

→_探し物するのが嫌_なのはなぜ?

_出かける時に焦っちゃうし、遅刻しないように走って汗だくになって、そういうのが嫌だから_

だったら、

出かける時に焦って探す物は何か。

どこに、どのように置いたらすぐ探せるのか。

ピンポイントで片付けることができます。

片付けのための片付けではなくなります。

必要な物がすぐ見つかり、時間に余裕を持って家を出られるように、片付ける。

片付けが手段になります。

例えば、

なんのためにダイエットするの?

_細くなりたい_から。

_細くなりたい_のはなぜ?

_服をサイズ以外で選びたいから_

だったら、

もしすべての服が入るとしたら、どんな服を選ぶのか。

どんな服を着たいのか。着るのか。

イメトレできます。

ダイエットのためのダイエットではなくなります。

着たい服を着るために、ダイエットする。

ダイエットが手段になります。

手段を手段に戻してあげる。

手段が目的になっていないかどうか考える。

うまくいかない時に必要なことです。

逆に、うまくいっている時に考える事は、

ありません。

( *´艸`)

存分に、味わいましょう♪

a0002_003091

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)