ライフオーガナイザー限定で前者後者の講座を開催しました

後者の私は、

他者に完全一致を求める限り

決して満たされることなく、

茨の道を行くしかないのだ。

この世に私と一致する人など存在しない。

みんな少しズレている。

過去に一致した事があったとしても、

それは一生に一度あるかないかの奇跡なのだ。

と、知ったら、人付き合いがとーっても楽になりました。

(前者後者とは→心屋さんの前者後者論

(読んでちょ→むかえさんの【保存版】前者後者って?(基本編)

どんな選択をしても間違いなどない。

いろんなやり方を試して、自分に合ったものを選べばいい。

片付けを知り、ライフオーガナイズを学んだら暮らしの質が上がりました。

前者後者を知ったら、人生の質が上がりました。

求められる悦びも求め狂う飢えも、どちらも等しく美しい。

何をしてもいい。

「いい」とはうまくいくということではなく、

「いい」とは愛されるということではなく、

「いい」とは

ただ

「いい」

というだけ。

自分以外の世の中と合えば合う人ほど、わかりやすい富と名声が与えられる。

自分以外の世の中とズレればズレる人ほど、わかりやすく無視され放置される。

自分以外の世の中と合ったりズレたりする人ほど、けなげに愛を求め愛を与え、もがくのでしょう。

すいません。

酔ってます。(自分にもお酒にも)

片付けるという行動には「主観」「客観/俯瞰」「他者視点」が関わってきます。

片付けのプロであるライフオーガナイザーは前者であれ後者であれ「客観/俯瞰」をトレーニングしています。

「客観/俯瞰」しない限り、部屋や時間や行動や思考は片付かないからです。

だから、行動パターンや価値観を語ってもらっても前者か後者か、わかんない\(^o^)/

「できる」「できない」は前者後者と無関係!

自分が前者か後者か、この人が前者か後者かをわからない人が陥ってるのは、
「できる」「できない」をモノサシに入れているから。

前者か後者か。

ある程度の歳を重ねたら固定されます。

でも。

どんなに「客観/俯瞰」をトレーニングしても、

自分と結びつかない話は

するするスルー。する後者ライフオーガナイザーズの図↓

%e5%be%8c%e8%80%85%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%83%bc

はい。

今日、開催したライフオーガナイザー限定の前者後者講座。

参加者全員、

後者でした(笑)

わたくしが話している内容になんのひっかかりも覚えない時、

参加者全員が

能面のように無表情になりました。

%e5%be%8c%e8%80%85%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%83%bc

後者のスルースキルぱねぇっす!

何の話してた時にこうなったのか、忘れるくらい衝撃的でした(笑)

多分、前者さんには刺激的な、そうそう!あるあるわかる~♪な問いかけだったと思うんですが……。

ちと興奮ぎみなので、この話はまた次回!!

今日来てくださったみなさん、ありがとうございました!!

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


ランキング参加してます

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)