片付けの誤解をときたい

アラフォーになるまでずっと片付けから逃げ続けてました。

捨てるのは嫌だ!つらい。捨てられない!

片付けとは捨てることだと誤解していました。

違うんですよ。

片付けって捨てることじゃなかったんですよ。

  1. 何がどこにどのくらいあるか、把握できるようにすること(頭)
  2. 出しやすく、使いやすく、戻しやすくすること(体)
  3. モノとの関係をポジティブなものにすること(心)

1から順に目標設定するとスムーズに進みます。

できないことをできるようにしようとしてはいけません。

くじけます。萎えます。卑屈になります。ブスになります。

捨てられなかった私。

捨てられるようになろうとがんばっている間、ずっと汚部屋でした。

できていることを、よりできるようにしましょう。

できるとやる気が出ます。

やる気があるからできるんじゃないんです。

できることをやるから、やる気が出るんです。

  • 家中のモノの棚卸し
  • モノをお仲間同士で分ける
  • 使用頻度順に並べ替える
  • パッと見てすぐわかるように立てて収納する
  • 掃除をしやすいように、床の上には家具以外置かない

できないことを後回しにして、できることだけやり続けてたら片付きました。

片付けの誤解をときたい

片付けって、できないことをできるようにするんじゃないんです。

できることを続けてると、成長して、結果的にできなかったことができるようになっている。

そういうものなんです。

片付けに限らないのかもしれません。

でもね~、

なぜだかわからないけど、片付け業界って「できないことをできるように!!」ってスパルタな修行っぽい感じがしちゃうんだよね。

それ以上に「できないことをできるように!!」ってヒステリックさを感じるのが、発達障害界隈なんだけどさ。

できることだけやり続けましょうよ。

できないことは後回しアーンド人まかせ~♪

自分にも言い聞かせる意味で書いてみました。

できることだけやり続けよう!おー!

まずは、できていること探しから!

closer-look-2-1309637-639x426

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


ランキング参加してます

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)