【重度】汚部屋体質:美部屋だと落ち着かない

2015年、今年も残り100日を切りました。

わたくしは年内に、普通部屋を脱却し美部屋にすべくがんばっております。

ピシッ!と整えた本を見ていると、私までシャキッ!とします。

そのたびに、

あぁ、人は変われるんだなぁ。

と、思うのです。

まずはこの図をご覧ください。

マイナスからゼロへゼロからプラスへ

「片付ける!」と決意した5年前、私は表の一番下・汚部屋で暮らしていました。

日常の家事を行うだけでもストレスだらけで、自分のことも大嫌い。

散らかってる部屋が好きで、ごちゃごちゃしてる部屋に落ち着きを感じていました。

たくさんのモノに囲まれてると、心地良かったのです。

ですが、

たくさんのモノを把握できる脳力がなく、

維持管理するほどマメではなく、

そもそもたくさんあるモノも

「ちょっと好き」「まだ使えるし……」「いつか使うかも」レベルのモノばかり。

不純物だらけの汚部屋から脱出したい!片付けたい!幸せになりたい!

(マイナスからゼロへ)

寝ても覚めても片付けまくりの4ヶ月で汚部屋から普通部屋に。

そして、普通部屋をキープしモノを循環させ続けた4年半。

(ゼロをキープ)

汚部屋脱出した直後は、

  • 真っすぐ歩けてる!
  • 掃除が簡単にできる!
  • 料理前に洗い物しないなんて!!!
  • 冷蔵庫で腐らせないとか感動する( ;∀;)

世間的には「当たり前でしょ( ・´ー・`)プッ」レベルのことができるだけで感動してました。

「できるようにやれば、私でもできるんだ」と自信がつきました。

部屋だけでなく、時間の使い方や嫌いな家事の根本的な見直し、図書館で本を借り過ぎちゃう問題や読書ノートがストレスに!問題もクリアしました。

そうするうちに、時間がたっぷりあって、その有り余る時間を好きなことだけに費やして生活してる状態に。

これって、幸せなはず。

これ以上望んだら贅沢かな。

なんて、うだうだしてた。

自分が成長していたことに気付いてなかったんだよね。

汚部屋から普通部屋になった後の私は、

ピシッ!と整えた本を見ていると、整いすぎてて怖かった。

例えていうなら、マナー教室の先生とマンツーマンで和食を食べる的なプレッシャー。

ホテルのような必要なモノ以外は何もない部屋に憧れつつも、

家に帰ると「やっぱり家が一番落ち着くわ~」なんてリラックスしてた。

だんだんと、物足りなくなってきた。

贅沢したくなってきた。

そう思うなら、また片付けよっか。

またオーガナイズしよっか。

これ以上片付けて、どうなるのかなんて全然わからないけど。

少なくとも「片付けようかな、どうしようかな」なんてぐるぐるうだうだ考える時間はなくなる!

(ゼロからプラスへ)

身の丈は知ろう。

でも、

身の程は知らなくていい!

なんでもチャレンジッ♪

やっぱり私はチャレンジする事が好きなんだな~。

なんて、片付け始めたら、

「こんな美しい部屋に住みたい!」

って、憧れビームが出まくる美部屋に呼んで頂いちゃいました♪

近いうちにコチラの素敵サイトにも登場するでしょう!

ほんっと素敵は、無敵。by植松晃士 だね!

猫も飼いたいなぁ~(*´∀`*)

がんばるぞ!!

IMG_20150923_163530←酔っぱらいw

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)