「楽に」と「楽しく」は対極

もっと楽に家事をこなせないかなぁ。

もっと楽しく家事ができないかなぁ。

汚部屋住人だった頃は、部屋が片付いて家事が楽にできるようになったら
もっと毎日が楽しくなるんだろうなー

って思ってまし。

実際に、部屋が片付いて家事が楽にできるようになったら、

楽なだけで楽しくありませんでした。

(>ω<ノ)ノ なんてこと!

んで、好きなことやってみたんだけど、

なんかいまいち。

っていう生活をずいぶんと続けてみて、ようやく、

以前Twitterでみた甲本ヒロトの名言が腑に落ちた。

“楽しい”と“楽”は違うよ “楽しい”と“楽”は対極だよ 
楽しいことがしたいんだったら 楽はしちゃダメだと思うよ 
楽しようと思ったら 楽しいことはあきらめなきゃダメだね  
ただ 生活は楽な方が絶対いいと思うよ でも人生は楽しい方がいいじゃん
生活は楽に 余計なことには気をとられず 人生は楽しく

私の場合、今までずっとできなかったこと、必死の思いでやってた家事やら片付けやらが、楽にできるようになって楽しかったんで、「楽に」と「楽しく」がごっちゃになってたんだよね。

楽にできるようになったら楽しくなるんだ!って勘違いしてた。

始めからやってて楽しいことが、楽にできるようになったら、さらに楽しくなる。だったんだねぇ。

思えば。

家事の中で唯一ずっと楽にやっているお洗濯。
洗剤をセスキ+クエン酸で固定してからは、この飽きっぽい私が何も変更しておりません。

ただ洗濯する。

それだけで何の欲もこだわりもありません。楽しさも感じない( ̄m ̄*)洗濯王子には言えんなw

片付けも、とにかく楽にを追求している。

楽にできるようになったらおしまい。

それが、先日の記事で書いたここにつながるのだね。

モノの置き場所(住所・定位置)については熱くアドバイスしますが、収納用品についてはサイズ等の機能面以外、なにもいえません……。好きに探してください。

自分の家でさえ、私は収納用品のサイズを出すだけ。見た目のチョイスは旦那にお任せ。

片付けを楽しむ、収納を楽しむってのがないんだねぇ。

やっと気付いたよ。

楽に片付けたい、楽に収納したい。

なんですよ、私。

楽しくないから、手間かけたくない・こだわらない・試さない・お金かけないw

楽するためなら、手間かける・こだわる・試す・お金かけるよ。

「楽しく」には終わりがないけど「楽に」って終りがあるし!

洗濯や片付けと比べると料理は欲張り。

  1. 楽に作りたい
  2. 楽しく作りたい
  3. 美味しく作りたい
  4. 見栄え良く作りたい
  5. 栄養バランスよく作りたい
  6. 消化によいものを作りたい

いつも楽に+楽しく+美味しく作りたい。

全然違うのにw 
いやぁ、わけもわからず欲張ってました。

欲張ることはいいんだけどね。わけもわからずってところが問題。

  1. 楽に作る
    →手順が簡単、すぐできる、目分量でいける、品数少ない
  2. 楽しく作る
    →そこそこの技術を求められる、新しいメニュー
  3. 美味しく作る
    →高温調理、オーブン調理、下ごしらえ、材料選び

楽に+楽しく+美味しくっていう条件にあてはまるメニューって、何があるかな?って考えてみたら、オムライスとパスタしかないw

そりゃ毎日なんかしら不満が残るわけだし、パスタばっかり食うよ!
パスタは見栄えもバランスも調節しやすいし、なにより消化に良いからね~。

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)