新しく増えたモノ、どこにどうやって収納する?

片付けシステムができた後でも、新しくモノが増える事は当然あります。

今回、私が増やしたモノは「ヘアマニキュア」

ジアニン系の毛染めにアレルギー反応が出るようになってしまったために、美容院で染められず……。

というわけで現在、ヘアマニキュアをいろいろ試しています。

どこで使う?

「モノの置き場所」=「使う場所」が収納場所を決める際の基本の考え方です。

プリオール カラーコンディショナー N 限定セット c ダークブラウン 230g40mL特製ブラシ

↑こちらのプリオールは洗った髪に使うヘアマニキュア。
私は浴室でしか髪を洗わないのでこのタイプのモノは「使う場所」=「浴室」。

シエロ オイルインヘアマニキュア アッシュブラウン 100g+3g+10g 

↑こちらのシエロは乾いた髪に使うヘアマニキュア。
肌や服、家具等につくと落ちません。即座に落とす作業が必要です。洗面台は陶器で汚れを落としやすいというわけで「使う場所」=「洗面所」。

誰が使う?

「使う場所」が決まったら、次は誰が使うかを確認します。

このケースは「私」だけが使うモノです。

ということで、「浴室」の「私」のスペース、もしくは「洗面所」の「私」のスペースに置くと決まります。

どのくらいの頻度で使う?

どこで使うか、誰が使うかを確認したら、次はどのくらいの頻度で使うかを確認します。

収納の基本の考え方として、

毎日使うような使用頻度の高いモノは手前に。
月1で使うような使用頻度の低いモノは奥に。

プリオールの場合は、コンディショナータイプのヘアマニキュアなので洗髪するたびに使用します。使用頻度:高=出しっぱなしでOK

シエロの場合は、色持ち1ヶ月とうたっていますので表示通りなら使用頻度は低くなります。使用頻度:低=収納の奥にしまう

使用頻度がわからない時は?

使用頻度によって手前に置くか、奥に置くかが決まります。

ですが、新しいモノの時は使用頻度が定まるまでに時間がかかります。

こういう時は、まずは奥にしまってみましょう。

使う時に、出しづらさを感じたら徐々に手前にずらします。

新しいモノを奥に?

新しく増やしたモノはついつい手前に置いてしまいますが、いったん奥にしまうことで「本当に必要かどうか」のチェックができます。

奥にしまったモノを出すのは面倒です。

でも、面倒でも使う必要のあるモノは必ず出します。

出すのが面倒で使わないなら、あまり必要なかったんだとわかります。

わかった時点で手放します。

収納の手前や奥がよくわからない!という方。

利き手や扉の位置などでも収納の手前や奥は変わります。

一般論はどうでもいい、私にとっての収納の手前や奥を知りたい!という方はご依頼ください。

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)