セール品を見ると「かわいそう」だと思ってしまう

ども!オオノです。

春の陽気でぽかぽか。昼寝がはかどりますねぇ。気付くと寝ちゃってます。

さて、タイトルの件。

いまだかつて自分より「捨てられない女」と出合ったのはこちらの本の中だけ。

というくらい「捨てられない女」だったわけですが、今もその片鱗はありまして……

スーパー等で値引きされた商品を見ると「かわいそう」だと思って、家に連れて帰りたくなるんですよねぇ。

救ってあげなきゃ!という謎の使命感……。

汚部屋脱出してからは例え安くても、どんなに「かわいそう」だと思っても「使わないモノ」「好きでないモノ」は絶対に買いません。

「使うモノ」「好きなモノ」も家にストックがあれば買いません。

ストックがない時でも大量には買いません。せいぜい2つまで。

我慢する理由

モノを増やすと私の手間や時間が減ります。

「かわいそう」と思って連れ帰ったモノたちのために尽くさなくてはならないのです。

そんなの、私のほうが「かわいそう!!」

何よりもたくさんのストックがあると、新商品が買えなくなるのです。

季節の変わり目は商品の入れ替え時でもあります。

鍋のスープなんかものすごーく割引されてます。

これ以上は買わないようにしないといけません!

がんばります! <(`・ω・´)

〆のご挨拶

オオノミエコでした。

 

ランキング参加中♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)