片付けで向き合うものとは

ども!師匠探し中のライフオーガナイザー®オオノミエコです。(なんの師匠かは追々……)

さてさて。

今日は片付けで向き合うものとはなんでしょうかというお話です。

「自分」って答えがすぐ返ってきそうだけれどw

「自分」って乱暴にひとくくりにしないで、さらに細かく分けてみますと……

  1. 自分自身
  2. 価値観
  3. 考え
  4. 感情
  5. 欲望
  6. ルール
  7. 物差し
  8. 死生観、生き方
  9. 痛みと癒やし
  10. 課題
  11. 個性
  12. 他者との一体感

他にも色々あるんだろうけど、12個にしておきました。

「ルール」や「物差し」だけを求めるとずーーーっと片付け迷子です。

子供にも片付けの「ルール」や「物差し」だけ教えれば片付けられるようになる、なんてことはないのです。

いきなり自分自身と向き合うと、めちゃくちゃしんどいんで「課題」から始めるのをオススメします。

さきほどピックアップした12個を「課題」を頭に並べ替えると、

  1. 課題
  2. 個性
  3. 他者との一体感
  4. 自分自身
  5. 価値観
  6. 迷い
  7. 感情
  8. 願望・欲望
  9. ルール
  10. 物差し
  11. 死生観、生き方
  12. 痛みと癒やし

例えば

  1. 片付けられない……
  2. 片付けできないなんて、母親失格……
  3. あれ?結構みんな片付けで悩んでるのね!!
  4. あの人でもできたんなら、私も自分でやってみよう
  5. どんな部屋にしようかな
  6. ミニマリストに憧れるけど、旦那がなぁ……私も捨てるの苦手だし……
  7. 家族が片付けられるような部屋、居心地のいい部屋……
  8. 家事がスームズにできる部屋にして、自分時間確保するぞ!

みたいな流れがあるわけですよ。

ここまでやってようやく「ルール」や「物差し」を選ぶ段階がくる。

「平日の夕飯は30分で作る」というルールを決めたら、時間のかかる煮込み料理は休日にまわすという「物差し」ができる。

そうやって自分で選ぶから人生が自分のものになる。

自分の傷。

自分の無能さ、不器用さ、無力さ、消えない不安、自信のなさ、親へのトラウマ、罪悪感、恐怖を乗り越える。

癒やす。

子供らしさの回復、思う存分楽しむ、感覚や感情に素直になる、他者と関係を持つ、生きる力や信念を得る、社会へ適応する、別の個性を受容する、目に見えない世界が現実の世界にもあると信じる。

そして世界が広がる。

つまずきがちなポイント

  • 他者との一体感を捨てて自分自身を優先する
  • 自分自身に価値があると認める

ここが結構つらい所。

そういう時は、この2つを見直しましょう。

1.課題

これから何をするのか、何をしなくてはいけないか、どのようにしなくてはいけないと思っているのか。

自己否定感でうじうじしたり、家族への不満でガス抜きしたりしてないで、はっきりと言葉にしましょう。

言葉にできない時はやらなくていい時なんだよ。やめちまえー。

2.感情

片付けると思うと、どういう感情がわいてくるか。

ものすーーーーっごく嫌な気持ちになる、とか。

ものすごく焦ったり追い詰められるような義務感があったり、片付けたってどうせ……という虚無感だったり。

身体から力が抜けるような感情か、身体に力がみなぎるような感情か。

どっちでしょう。

こことっても大事です。

片付けたいけど片付けられない人って、感情を抑え込みすぎてわけわかめになってる人が多いんです。

片付けられる人はできる人、片付けられない人はダメな人。

このようにジャッジする人が多いですけど、こんなん嘘ですからw

「目の前に起きている出来事」と「あなたの存在価値」を結びつけて考えるクセがあるなら、今すぐ切り離しましょう。

なんか長くなったんでそろそろ締めましょう。

虫に食われて穴が空いたセーター

自分と向き合うのに疲れたら、

衣類の虫食いの原因となる害虫、カツオブシムシ

虫と戦おう!

わたくしからは以上です。

ランキング参加中♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

〆のご挨拶

オオノミエコでした。


■お知らせ■

■03/15(木) 10:30~12:30 お茶会@大宮

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)